イメージ画像

力があると思うゆえに力が出る

『山びこ通信』2015年度春学期号より、巻頭文をご紹介致します。

「力があると思うゆえに力が出る」

山の学校代表 山下太郎

 表題はウェルギリウスの叙事詩『アエネーイス』(5.231)にみられる表現です。

船による競技が最大の盛り上がりを見せる場面で、勝利を確信し全力を尽くすトロイアの漕ぎ手たちについてこういわれます。

このとき、喚声は倍に高まる。あとから追う船に全員が
熱烈な声援を送り、天空が割れんばかりの叫喚が響く。
こちらでは、栄光は自分たちのもの、栄誉は手中のもののはず、
手にできぬは恥、誉れのためには命を賭してもよい、と思う。
こちらには僥倖が力を与えている。力があると思うゆえに力が出る。
(岡道男、高橋宏幸訳、京都大学学術出版会)

下線部に当たる元のラテン語(Possunt quia posse videntur.)は、「自信があればこそ実力が発揮できる」という趣旨の名句として、今も欧米で用いられます。ウェブで調べると、英訳の They can because they think they can.も人口に膾炙しているようです。これを日本語で平たく訳せば、「できると思うからできる」となります。実に簡単明瞭。表現の点でも内容の点でも子どもにもわかります。

と思いきや、この言葉が名言として受け止められるのは、やはり内容が逆説的だからだと思います。以下は表題の言葉にヒントを得たエッセイです。

大人の常識に照らすと、「できると思うからできる」のではなく、「実力があるからできる」のであり、単に「思うだけではダメだ」となるでしょう。「努力」が強調されるのはそのためです。しかし、これは大人に通用する正論であり、子どもの場合は自信が何より大切で、それさえあれば実力は後からいくらでもついてくる、と私は思います。

子どもは人生経験が少なく、大人の目から見ればできないことだらけです。しかし、大人と違うのは挑戦する心で満ちあふれていることです。「面白そうだ。よし、やってみよう。自分にもできるはず」。これが子どもの自信であり、何かに挑む心がまえです。思えば、赤ん坊のときにも言葉を発したり、一人で歩けるようになったり、子どもは挑戦の連続で成長していきます。しかし、そのような自信や挑戦する心も、いつかどこかでしぼんでしまう可能性があります。あるいは逆に成長と共に自発的な努力を伴いながら、いつまでも輝き続ける可能性もあります。

この違いを生むポイントは何なのでしょうか。人生行路は様々な要因が複雑に絡むため、詳しいことは誰にもわかりません。ただ、私は幼児教育に携わる者として、何かに挑戦しようとする子どもに対し、周囲の大人がどのような態度を取るのか――自信をくじくのか、自信を守るのか――が決定的に大きな影響を与えると考えます(それゆえに幼児教育は重要な意味を持つと信じます)。

このことについて、一郎先生(先代の園長)は「ぐう・ちょき・ぱあ――完全を求める親――」(『山下一郎遺稿集』所収)というエッセイの中で、子どもの自信を守るコツを次のように述べておられます。

「今できないことを性急に求めるよりも、今できていることをまず認める。これが、わが子にやる気を起こさせ、自信を持たせるコツです。」

大人にとって子どもの未熟を指摘し、努力を命じるのは容易ですが、それは「今できないことを性急に求める」ことにほかなりません。「今できていることをまず認める」。大人にはなかなかこれができません。一方、大人が「今できていることを認める」なら、子どもは次のステップに向かって挑戦する気持ちになれるでしょう。

すでに何度か書いていますが、かくいう私がそうでした。小学校の低学年の頃、テストで70点をとったとき、一郎先生(父)は「7つできて70点ということは、100点と同じことだ」と励ましてくれたのです。私は時間内に10問中7つしか手をつけられませんでしたが、「手をつけた7つの問題のように残りを頑張れば、次は8つできるかもしれない」と。嘘のような本当のような記憶でしたが、上に挙げたエッセイの中に「70点は100点よ」という小見出しがあり、そこを読むと子どもの名前こそN子ちゃんとなっていますが、「ああ、これは自分のことだな」と合点できるエピソードが記されていました。

父がそこで展開する議論は明快で、大人の完全主義が子どもの自信とやる気を阻害する、というものです。

「初めから完全でなければと意気込みますと、あとで完全になりうる力を持っていても、実力をついに出し切れず低迷してしまうということは、よくあることです。何事にも、じっと待つ、こころのゆとりが大切かと思います。『親は完全でない。まして子どもが完全であるはずがない』。この気持ちが根底にあれば、子どもにもっとゆとりを持って接することができるのではないでしょうか。」

このこととの関連で申し上げると、小学校の勉強については、大人が100点(=山頂)の位置に立って子どもを手招きするのではなく、0点(=ふもと)の位置から一緒に山登りを楽しんでほしい、と思います。そして、本当の勉強はここからここまでと範囲を限定するものではない以上、学校が「ここまでできたら100点」と決めた地点も通過点として軽やかに乗り越えて頂きたい、つまり、親も子どもとともに好奇心を輝かせ、どこまでも学ぶ気持ちを持ち続けて頂きたいと願います。大人がチャレンジする気持ちを失って、どうして子どもにそれを要求できるでしょうか。

学びの山を一歩一歩登る子どもとともに、自分も寄り添って一緒に学び直す気持ちを持てることは、大人にとっても幸せなことです。山頂からふもとの子どもを手招きするイメージでは、いらだちが増すだけです。子どもと一緒に立ち止まって景色を眺めたり、足下の草花を愛でたりしながら一歩一歩登るには、たしかに「心のゆとり」が不可欠ですが、それは学びの厳しさに対して「甘い」態度を取ることとは異なります。

以前にも書きましたとおり、私は小学校の高学年になるまで漢字の書き取りを父に見てもらいましたが、あるとき、口頭で出題された漢字について、一瞬「ん?」と考えてから正解を書いたことがあります。それを正解にカウントしてもらえず、「やりなおし」のリストに入れられたことが不満で、「ちゃんと書けた」と主張したのですが、「自分の名前がスラスラ書けるようには書けなかった」といわれたことがあります。学校の集団教育とは違い、家庭教育においては、こうした一人一人の指の動きや息づかいまで細心の注意を払って見守ることが大事であり、それはマンツーマンなら十分可能である、という一例です。

今、山の学校の母体である北白川幼稚園では、園児一人一人の「挑戦する心」を大切にし、毎日鉄棒や縄跳び、竹馬などに取り組んでいます。そこで最も大事な鍵となるものは、今例に挙げた意味での保育者の「目」であるといえます。それは子どもたちの一挙手一投足をていねいに見守り、ほめどころと励ましどころを正確に見極めるものでなければなりません。

子どもたちを励ますとは、けっして「がんばれ、がんばれ」と連呼することでも、やみくもに褒め続けることでもなく、昨日は鉄棒でここまでしか足が上がらなかったのに、今日はさらに上まで足をけり上げるようになった等の変化を正確に見極め、それを本人に伝えることです。

丁寧に見れば、子どもたちは毎日驚くほどの変化を遂げ、日々成長しています。しかし、その一つ一つの歩みは、見る目をもたないと「平凡」なものにしか見えません。目の前の課題を乗り越えようとして本気で打ち込む子どもたちが何より欲するのは、自らの挑戦の軌跡をそばでていねいに見守る大人の目です。私はそう信じ、目の前の園児たち、山の学校の子どもたち、さらには「子どものように」好奇心を輝かせる大人の人たちに接したいと願い、同じ志を持つ先生たちとともに日々試行錯誤を繰り返すのみです。道半ばではありますが、私たちの取り組みを応援してくださるすべての人とともに、これからもこの道を一歩ずつ歩んでいきたいと思います。(山下太郎)

タグ

時代の扉を開く鍵――草の根の教養教育とラテン語と

『山びこ通信』2014年度冬学期号より、巻頭文をご紹介いたします。

時代の扉を開く鍵――草の根の教養教育とラテン語と

山の学校代表 山下 太郎

 山の学校は4月で開校12周年を迎えます。当初4コマだったクラスの数は現在40コマを越え、会員数も100名ほどになりました。小学生から高校生の部に関しては、その当時の私が幸せを感じたような時間がそれぞれのクラスやイベントの中で流れていますし、一般クラスの活気に満ちた取り組みは、一昔前の大学教養部の賑わいを思わせます。今後とも講師一同力を合わせ、学校教育の補完的役割、また、草の根の教養教育を続けていきたいと存じます。

教養教育というと思い出すことがあります。以前勤めていた大学で、年に一度フランス人の先生(ジュリー・ブロック先生)と一緒に合同の授業をすることがありました。対象はデザインや建築を学ぶ新入生200人ほどです。授業の中でキケローの名を知っているかと尋ねたことがあるのですが、誰も手を挙げませんでした。これを見てブロック先生は驚かれました。「フランスだと小学生でも知っています」とのこと。これには学生たちがびっくり。緊張して手が上がらなかったのではなく、続いて「ファーブルの名は?」と聞くとほぼ全員が手を挙げたのでした。これにまたブロック先生がびっくり。

たしかにシェイクスピアやゲーテなら話は違ったかもしれません。しかし、これらの作家が敬愛してやまないギリシャ、ローマの古典(西洋古典)はどうでしょうか。悲しいかな、日本の学校教育ではほとんど何も紹介されないままです。それで何が困るのか?という人が大半だと思われますが、私は、それがために日本の教養教育の取り組み――本来西洋古典に源流を持つもの――は頓挫した(させられた)のだと考えます。

キケローといえば、Ipse dixit.(子曰わく)という表現が真っ先に浮かびます。彼によると、ピタゴラスの弟子たちは論拠を問われると、「だって、先生がそういった(ipse dixit)のだから(正しいに決まっている)」と答えるしかできませんでした。もちろんそれではだめなので、「議論を行うさいには、権威よりも理論の説得力こそ求められるべきである」というのがキケローの主張でした。何気ない言葉のようですが、ipse dixit.に込められたキケローの批判精神がその後のヨーロッパ精神の形成に果たした役割の大きさは、いくら強調してもしすぎることはありません。(和魂洋才といいますが、キケローは間違いなく洋魂を体現する巨人の一人です)。

翻って現代の日本社会はどうでしょうか。「~がいったのだから正しいに決まっている」と無意識のうちに思い込むことがないか、どうか。個人差があることは当然ですが、日本人は全体としてみればやはり権威を盲信しやすい国民だといわざるをえません。これは民主主義にとって危険なことであり、必要なのは良質な教育だということになるのですが、その教育の現場においてもっとも幅をきかせるのが「正解」という権威であるとすれば、私たちはいったいどこに救いを求めればよいか、となります。

儒学の影響は小さくないのでしょう。『論語』では孔子の言葉を引用する際、「子曰わく」で始めます。日本の社会において、「子曰わく」という言葉が発せられたら――「教科書にはこう書いてある」、等――、受け取る側は、けっして疑義を差し挟んではいけないかのようです。「子」とは何か。権威と名の付くものすべてがそうです。社会には「子曰わく」と唱えることで守るべき大切なものはたしかにあるはずですが、これからの時代はそこで思考を止めてはいけないのでしょう。沈黙は金なり、されど批判もまた金なり。要はバランスです。

キケローの思想がフーマニタースの学(人間の学=教養教育)として、2000年以上にわたりヨーロッパの知的伝統の中に息づいてきた事実は驚嘆に値します。と同時に、彼我の相違を思わずにいられません。すなわち、権威への盲従を当然視する風潮と、権威の言説を徹底的に批判する姿勢は180度異なるでしょう。だからこそ、私たちはあえて異なる価値観(洋魂)を正しく知る必要があるのです。相手を礼賛し己を卑下するという明治風のやり方でなく、己を照らす確かな鏡を持つために、です。やるなら根っこから。やるならラテン語から。これを明治以降日本は怠ったのではないでしょうか。ラテン語はヨーロッパ社会における漢文です。

前置きが長くなりましたが、私が山の学校設立当初からラテン語を看板に掲げた理由は、まさに今述べた個人的信念によるものです。私は日頃は幼稚園長として、社会の宝というべき子どもたちと接する機会をもちます。その将来を思うとき、学校教育、大学教育に無関心ではいられません。今まで、「山の学校のラテン語って何なのだ?園長の趣味か何かか?」と受け取られてきたかもしれませんが、上で述べたように、(日本における)ラテン語とは子どもたちの未来を明々と照らす「教養教育」の鍵となるものであり、「洋魂」を正しく理解するための手段というべきものなのです。その学習環境を整えることは、ひいてはわが国の教育と学問の自由を守る道に寄与すると信じますし、同時にそれが世界の未来を照らすものであることを願います。西洋古典学とは畢竟人間の学(フーマニタース)であり、それは常に「普遍」を目指すものだと理解できるからです。

本来は、大学教育の一環としてラテン語を学ぶ環境が用意され、講読クラスも含めての充実が期待されるところですが、日本にはラテン語を学べる大学が数えるほどしかありません。とすれば、後は山の学校のような私塾でやるしかないわけです。あるいは個人で独学する人が一人でも増えることに希望をつなぐのみ。こうしてラテン語を学ぶ人が一人また二人と増えるほど、あちらに一つ、こちらに一つと闇夜に蛍の灯りが広がるイメージを私は抱きます。

山の学校は開校12周年を迎えます。もう12年、まだ12年。私に関していえば、これからも幼児教育に軸足を置きながら、草の根の教養教育、とりわけラテン語教育の普及に力を入れていくつもりです。

タグ

9月イベントのご案内

2015年9月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます。
※ お申し込みが必要です。いずれも無料です。
event2015-9

●ひねもす道場(3~6年生)
9/10(木)16:00− 18:00
対象:今月は、小学3〜6年生対象です。(
場所:山の学校教室
担当:福西亮馬
定員:10名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。
低学年(1〜2年)の部、中・高学年(3〜6年)の部を、それぞれ隔月で開催しております。

論語の素読・勉強会
9/12(土)8:30-11:00

対象:小学生
場所:山の学校教室(参加者人数により、第三園舎に変更となる場合もございます)
担当:(素読8:30〜:45)山下太郎、
勉強会9:00〜11:00)山下あや
定員:先着20名
*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

●将棋道場「トーナメント大会」
9/14(月)16:00- 18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:山の学校講師
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

●何でも勉強相談会
9 /14(月)18:30- 21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

英語特講
9/28(月)18:40- 20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

タグ

2015年7月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

2015「夏期ドイツ語初級講座」

下記の要領で「夏期ドイツ初級講座」を行います。定員5名です。
お申し込みはお早めにどうぞ。
日時:2015年
8月1日:18:40~21:30(2コマ)
8月2日: 20:10~21:30(1コマ)
8月5日:17:30~19:00(1コマ)
8月7日:10:20~11:40(1コマ)

 

講師:吉川弘晃
<シラバス>
1コマ目でドイツの難所の1つである受動態と分詞の復習を行います。
残りの4コマでひたすら、簡単な和文独訳問題をドリル形式でやっていきます。

ドイツの文法を一通りやったけれども、これを機に復習したい、やり直したいという方にもお勧めです。

授業料:17,500円(全5コマ分)

■お申込み、お問い合わせをお待ち申し上げます。
ホームページのお問い合わせフォーム、または、 電話:075-781-3200 FAX: 075-781-6073からどうぞ。
受講希望者はクラスの空きを確認後、開講日までに下記口座いずれかに講習料をお振り込み下さい。
京都中央信用金庫 銀閣寺支店 普通 2217927
名義:学校法人北白川学園 理事長山下太郎

ゆうちょ銀行 00990-0-207268
加入者名:学校法人北白川学園

タグ

2015年7月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

2015年夏の「ラテン語・ギリシャ語」講習会

下記の要領で、ラテン語、ギリシャ語の講習会を実施致します。
各講座、定員5名となっております。お申し込みはお早めにどうぞ。

 

●「ラテン語文法復習コース」(全4回)
ラテン語をある程度学んだことがある人が文法の全体像を見直すための授業です。初学者向けではないのでご注意ください。
テキスト:中山恒夫『標準ラテン文法』白水社。
講師:広川直幸
日程:
7月11日(土)17:30-20:30
7月25日(土)14:00-17:00
8月8日(土)14:00-17:00
8月22日(土)14:00-17:00 
※初回のみ17:30-20:30。二回目以降は14:00-17:00。
会費:42,000円 ※山の学校の会員は追加科目として割引の対象になります。ご相談下さい。

●「ラテン語講読:エラスムスの手紙を読む」(全4回)
1519年7月23日付フォン・フッテン宛書簡を読みます。内容はトマス・モアの伝記です。
テキストはコピーを配布します。
講師:広川直幸
初回:7月18日(土)14:00-17:00
二回目以降の日程は受講者と相談して決めます。
会費:42,000円 ※山の学校の会員は追加科目として割引の対象になります。ご相談下さい。

●「ギリシャ語講読:偽ヘーロドトス『ホメーロス伝』を読む」(全4回)
テキストはコピーを配布します。
講師:広川直幸
日程:7月12日(日)、7月26日(日)、8月9日(日)、8月23日(日)。すべて14:00-17:00
会費:42,000円 ※山の学校の会員は追加科目として割引の対象になります。ご相談下さい。

■お申込み、お問い合わせをお待ち申し上げます。
ホームページのお問い合わせフォーム、または、 電話:075-781-3200 FAX: 075-781-6073からどうぞ。
受講希望者はクラスの空きを確認後、開講日までに下記口座いずれかに講習料をお振り込み下さい。
京都中央信用金庫 銀閣寺支店 普通 2217927
名義:学校法人北白川学園 理事長山下太郎

ゆうちょ銀行 00990-0-207268
加入者名:学校法人北白川学園

 

タグ

2015年7月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

10月イベントのご案内

2015年10月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます。
※ お申し込みが必要です。いずれも無料です。
イベント案内2015-10

●ひねもす道場(小学1~2年生)
10/7(水)16:00− 18:00 (定員のため受付を終了致しました。
対象:今月は、小学1~2年生対象です。(
場所:山の学校教室
担当:梁川健哲
定員:10名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。
低学年(1〜2年)の部、中・高学年(3〜6年)の部を、それぞれ隔月で開催しております。

●将棋道場
10/19(月)16:00- 18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:中谷勇哉
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

●何でも勉強相談会
10 /19(月)18:30- 21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

論語の素読・勉強会
10/24(土)8:30-11:00

対象:小学生
場所:山の学校教室(参加者人数により、第三園舎に変更となる場合もございます)
担当:(素読8:30〜:45)山下太郎、
勉強会9:00〜11:00)山下あや
定員:先着20名
*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

英語特講
10/26(月)18:40- 20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

タグ

2015年7月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

このページの先頭へ