イメージ画像

「英語講読クラス」 受講生の声

受講生の方がご寄稿下さいましたクラスの感想文をご紹介致します(2014.02.24)。
(過去寄せられた感想文は、こちらに掲載させて頂いております。→「会員の声」

John S. Mill「自由論 (On Liberty) 」を読んで

2013年春~冬学期間にて本書を完読いたしました。訳本は岩波文庫にて塩尻公明、木村健康訳が出されています。講読中、訳本は見ないことを自主ルールとしました。完読後、訳本を見て思ったことは、「原書で読んでなかったとしたら、得るものが今よりずっと少なかったにちがいない」ということです。

本書は1859年に出版された本で、冒頭部「この問題はこれまであまり語られてこなかったし、もっとも一般的な言葉では議論されてこなかったのですが、深く実社会に影響して、しかも隠れた存在というところから、おそらくは今後重要な将来の問題として認識されると思われます。」との記載があり、広く一般に読まれるために書かれたことをうかがわせます。

極めて少ない一部の書については、読書にて自分の思想の根幹部分に共鳴し、それに一体化するものがあると感じます。本書はまさにそういう書であったと感じました。一般には古典と言われる書がこのような書に当たるでしょうか。また、書に接するときに自らに何か関与した問題意識があるとその共鳴の振幅が更に大きくなると感じるのは私だけではないでしょう。

自由というのは広い範囲の問題です。社会に生きている限り、不自由と対をなして何か感じるところがあると思います。ミルは一つの物差しを提示してくれます。そこに自分の疑問をあてがっていくと自分の感情が一つの学問上の物差し(理論)の上に整理されてきます。物差しから外れるものには再びそこに何故かという問題が提起されてくるのです。こうして思考は個人的体験や感情と少し距離をとり、そして次の課題に進むことができると感じます。知識や人としての知恵を育むことができていくことを改めて強く感じました。

世界一級の著者と直接対話すること、直接問題を投げかけることができ得たのです。山の学校のこの場が私をそこに座することをさせてくれたのです。日本中を探しても恐らくこの様な体験をさせてくれる場はないことでしょう。深く々々感謝致します。

最初、本書が自分の手に負えるものかどうかわからないまま飛び込みました。結果は、浅野先生のご指導にて極めて貴重な体験を得ることとなりました。本書の英語の解読を行うことで英文講読の力も相当鍛えられたと感じます。また上に記しましたように次の課題の芽を幾つか持つことができたと思います。今後も是非この学問的な基軸上にて楽しみつつ学んでいきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

 

2014.02.24

山下 和子

タグ

2014年4月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

「イタリア語講読クラス」受講生から

受講生の方がご寄稿下さいましたクラスの感想文をご紹介致します。
(過去寄せられた感想文は、こちらに掲載させて頂いております。→「会員の声」

昨年のイタリア語講読クラスでは、わたし自身にとって記念すべきことが二つありました。

ひとつめは、テクストの翻訳が出版されたこと。山びこ通信の前号で柱本先生が紹介されていたとおり、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画「鑑定士と顔のない依頼人」の原作小説です。わたしにとって何が記念すべきかといえばなによりも、ありがたくも拙名をあとがきに入れて頂いたことで、自分の名前が文芸書に印刷されるなんて、きっと一生に一度のことだと思います。

ふたつめは、モーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」のテクストを読んだこと。X年前、大学での第二外国語としてイタリア語を始めた当時18歳のわたしは、なぜイタリア語を選択したのかという問いに対して、「オペラを原語で理解できるようになりたいから。」と答えたのだそうです(この発言、自分ではまったく覚えておらず、当時のわたしがそんなことを言っていたと卒業後10年以上経って再会した同級生から聞かされた時には、恥ずかしくて倒れそうになりましたが)。以来X年が経過し、初めてオペラのテクストを勉強することになって、ついに目的に到達…到達の「と」の一画目を書き始めたところくらいですが…ということで、これまた記念すべきことでした。このテクストでは、韻律や倒置で混迷に陥りながらも、あのアリアだなと旋律を思い出したり、ドン・ジョバンニの業の深さに感じ入ったり、イタリア語の音の美しさを改めて感じたり、楽しい時間を過ごしました。

語学の勉強は、小さな楽しみを拾いつつ淡々と積み重ねていくような性質のもので、記念すべき、などという出来事は稀だと思います。そういった意味でも昨年は特別な年だったなと感じています。手前勝手な感慨を書き連ねましたが、このような有り難い経験をできるのは、辛抱強く教えて下さる柱本先生、少人数のクラスを続けて下さる山下先生、また、寒い日に離れの教室を温めておいて下さる山の学校の皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(F.N.さん)

タグ

2014年4月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

6月イベントのご案内

2014年6月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます。いずれも無料です。
5月イベントスケジュールはこちら→「5月イベントのご案内
ƒCƒxƒ“ƒgˆÄ“à2014-6

●論語の素読・勉強会
6
/7(土)8:30-11:00
対象:小学生
場所:山の学校教室
担当:(素読8:30〜9:00)山下太郎、
(勉強会9:00〜11:00)山下あや
定員:先着20名

*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

●英語特講
6/16(月)18:40—20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

●ひねもす道場
6/19(木)16:00−18:00
対象:小学3年生以上
場所:山の学校教室
担当:福西亮馬
定員:10名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。
※ひねもす道場は、低学年部門と、中・高学年部門を、それぞれ隔月で開催しております。よろしくお願い申し上げます。

●将棋道場
6/23(月)16:00-18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:百木漠
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

●何でも勉強相談会
6/23(月)18:30-21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

タグ

2014年4月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

「退職後の生き方とラテン語学習」

受講生の方がご寄稿下さいましたクラスの感想文をご紹介致します。
(過去寄せられた感想文は、こちらに掲載させて頂いております。→「会員の声」

退職後の生き方とラテン語学習

 読書と新規分野開拓が基本方針です。まず、2002年、61歳で合唱を始め、慣れない楽譜と格闘しつつ、京都、大阪、兵庫、滋賀で十余りの合唱団に飛び込み、ア・カペッラ曲(伴奏無し)、宗教大曲またオペラまで、曲を選んで取り組みました。日本の高齢者合唱レベルは世界一。経験数十年の人も多い。しかし、ヘンデルのメサイア、ベートーヴェンの第九(合唱付)などの名曲でも、十数回も指揮者を変えて各地の舞台で歌うと、やはり収穫逓減の法則を体感します。やりたい分野が色々あるのに、時間は少ない。元気にやれるのは精々あと数千日ほどです。

そこで、多声楽譜(ソプラノ、アルト、テノール、バス4声とピアノ伴奏楽譜を同頁に印刷)にも慣れた2007年、66歳でピアノを開始。若々しい先生のレッスンに週2回(最初の1年は週3回)通います。ボケ封じが狙いですが、ピアノが晩年の慰めになってくれる可能性もあります。のめり込めば、上達も早いが嫌いになる懸念もあり、気楽に毎日僅かの時間を充てています。80歳で何か名曲を原曲で弾くのが目標です。易しい編曲楽譜と違って、練習曲と雖も原曲は難しい(ショパンのエチュードなど)。だから、それまでは元気で長生きしたいのです。居住マンションの理事長就任で雑用が増えたのを機に、合唱団の方は一つに絞りました

さて、2009年、68歳の時、地域情報誌で「ラテン語の夕べ」(8月)を見て、広川直幸先生直々に伺い、教材も調わぬまま、早速「ラテン語入門講座」に参加しました(今は中級に)。確かに面白い。但し、予習が絶対に必要ですから、これを機に、合唱活動を中断しました。以来4年半、春秋冬の正規講座と別教材を用いた4度の短期集中講座を含めて、無欠席です。これには私自身が驚き且つ喜んでいます。教材と指導の巧みさが相俟ってのことでしょう。指導法の特徴は、文章の前から後ろへ順に、初等文法を用いて直訳に努めよという正統派ですが、長文で苦しむことが多い。こんな学習機会を得て、主宰者山下太郎先生に感謝しています。高齢者の学習は非効率で、記憶力・集中力が長続きせず、ミス・忘却は当たり前、継続こそが力です。早くにOL1名が脱け、受講者は長く3名でしたが、昨年1名が脱けて、現在では2名(京大大学院生と私)が若い広川先生に教わる和気藹々の教室です。上記様々な取り組みが、私にとり人生最大の楽しみである読書と何とか両立できているのも幸いなことです。(2014年2月 K.T.さん)

タグ

2014年4月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:会員の声

5月イベントのご案内

2014年5月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます。いずれも無料です。
4月イベントスケジュールはこちら→「4月イベントのご案内

event2014-5

●論語の素読・勉強会
5
/10(土)8:30-11:00
対象:小学生
場所:山の学校教室
担当:(素読8:30〜9:00)山下太郎、
(勉強会9:00〜11:00)山下あや
定員:先着20名

*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

●ひねもす道場
5/12(月)16:00−18:00(定員のため、受付終了致しました。何卒ご了承下さい。)
対象:小学1〜2年
場所:山の学校教室
担当:梁川健哲
定員:8名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。
※ひねもす道場は、低学年部門と、中・高学年部門を、それぞれ隔月で開催しております。よろしくお願い申し上げます。

●英語特講
5/12(月)18:40—20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

●将棋道場
5/26(月)16:00-18:00(定員のため、受付終了致しました。何卒ご了承下さい。)
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:百木漠
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

●何でも勉強相談会
5/26(月)18:30-21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

 

タグ

2014年4月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

このページの先頭へ