イメージ画像

山の学校・古典語クラスについて

古典には人間の英知が詰まっています。汲めども尽きぬ知恵の泉に喩えることができます。誰にでも分け隔てなく開かれている泉です。ただ、川の流れのように多くの人の目にもとまる場所にはなく、少し山の奥に分け入らないと見つかりません。はじめて出かける場合は、道案内や道連れがいたほうが心強く、また道中の会話もはずみます。

この道案内をするのが山の学校の古典語クラスです。

大別すると、古文と漢文、ギリシャ語とラテン語の四つのコースに分けられます。いずれも高校生以上が対象です。古文と漢文は、学校で文法を習ったきり細かいことは忘れた…という方もご安心ください。名所を駆け足で巡るツアー型の授業ではありません。一人一人のペースにあわせてじっくり丁寧にご指導いたします(それぞれのクラスの定員は5名)。

ギリシャ語とラテン語は興味はあるが初めて…という方も、尻込みする理由はまったくありません。英語を学んだ人は、これらの言語の基礎にあたる文法の考え方は履修済みとみなせます。たとえば、「三人称単数のときはsをつける」と習いますが、あれはギリシャ語、ラテン語の文法知識と同じです。だから中学生には難しいのですが、大人にはパズルのように楽しめます。

ある程度文法の基礎がわかったら、めでたく古典の泉にたどり着いたことになります。

ここまでくればあとは自分で読むだけです。最初はちょっと気後れするという人や、文法は履修済みだけれど、読解のコツが今ひとつつかめないので、それを直伝して欲しいという人。ニーズはいろいろあろうかと思います。現在、山の学校では短い文章をゆっくり読みながら文法の復習をするクラスから、大学の講読に近い内容のクラスまで、様々なご希望に合わせた講読クラスをご用意しています。

※現在は「漢文」「ラテン語」「ギリシャ語」の三つが開講中です。(今年度は「古文」は開講しておりませんが、もしご希望がありましたら一度お問い合わせください。)

タグ

2013年11月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス 入会案内

1月 イベントのご案内

2013年12月~2014年1月のイベントをご案内致します。会員に限らずどなたもご参加頂けます。いずれも無料(※)です。
(※12月12日の「電子工作」のみ、材料費1000円が必要となります。)
★電子工作は、定員に達しましたので、受付を終了致します(11/28現在)。
ƒCƒxƒ“ƒgˆÄ“à2013-12E1ƒCƒxƒ“ƒgˆÄ“à2013-12E1←クリックで拡大(12~1月イベント内容)

●ひねもす道場
12/5(木)16:00−18:00
対象:小学3年生以上
場所:山の学校教室
担当:福西亮馬
定員:10名

1/27(月)16:00−18:00
対象:小学1~2年生
場所:山の学校教室
担当:梁川健哲
定員:8名
※ひねもすとは、紙を丸めて作った大小2種類のパイプを繋げて作る工作です。部材そのものから自分で完成させる楽しみを味わうことが出来ます。

※ひねもす道場は、低学年部門と、中・高学年部門を、それぞれ隔月で開催しております。よろしくお願い申し上げます。

●英語特講
12/9(月)18:40—20:00
1/20(月)
18:40—20:00
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:山下太郎、山下あや
*それぞれの生徒に応じた問題を用意し、時間内でひたすら問題を解き続けてもらいます。それぞれの答案の採点をその場でしながらコメントしていきます。
*事前にお申し込み下さい。

●電子工作「ミニクリスマス・リースを作ろう」
12/12(木)16:0018:00 受付終了
対象:小学5~6年
場所:山の学校教室
担当:福西亮馬
定員:5名まで
材料費:1,000円(当日ご持参下さい。)

※今回は5・6年生が対象となります。4年生の方は、もし定員に空きのありました場合は、ご参加いただけます。よろしくお願いいたします。


●論語の素読・勉強会

12/14(土)8:30-11:00
  1/18(土)8:30-11:00
対象:小学生
場所:北白川幼稚園第三園舍(参加者人数により、山の学校教室に変更となる場合もございます)
担当:(素読8:30〜9:00)山下太郎、
(勉強会9:00〜11:00)山下あや
定員:先着20名
*素読では、毎回論語の一節を紹介し、参加者皆で声を出して読みます。
*勉強会では、各自が課題を持ち寄り、講師が監督する中、異なる学年間で教えたり、教わったりしながら、自発的に学び合う時を過ごします。
*事前にお申し込み下さい。

 

●将棋道場
12/16(月)16:00-18:00
1 /20(月)16:00-18:00
対象:小学生(中学生も歓迎!)
場所:山の学校教室
担当:山の学校講師
定員:先着20名
*フリーの対局スペースを設けております。初心者・経験者問わず、ふるってのご参加をお待ちしております。初心者の方も安心してご参加下さい。
*事前にお申し込み下さい。

 

●何でも勉強相談会
12/16(月)18:30-21:30
  1/27(月)18:30-21:30
対象:中学・高校生
場所:山の学校教室
担当:浅野直樹・山下あや
*講師が勉強や進路の相談などを幅広く受け付けます。保護者との面談も致します。事前にお申し込み下さい。

 

 

タグ

2013年11月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

2013年 冬期講習会(中高生)のご案内

山の学校では、中学・高校生を対象に冬期講習を開講いたします。科目は以下の通りです。

ご希望の方はFAX(075-781-6073)またはemail(taro@kitashirakawa.jp)でお申し込みください。

 

日時 12/18(水)、12/19(木)、12/25(水)、12/26(木)の4日間
時間割は、下記をご覧下さい。

場所 山の学校教室

科目 中学生 英語・数学・国語・理科
   高校生 英語・数学・国語・歴史

講師 浅野直樹、高木彬、吉川弘晃
詳細 「こちら」のpdfをご覧ください。(FAX申込み用紙も兼ねています)

講師からのメッセージ(浅野先生)

【中1・2数学】
これまでに習った範囲をすべておさらいします。
良問を通じて理解の確認をします。間違った問題はどこで間違ったのかを必ずはっきりさせます。正解したところも、もっとよいやり方がないかなどと話し合います。

【中3数学】
高校入試を控えたこの時期なので、入試問題のような複雑な問題を解けるようになることを目標にします。各自の志望と現時点での実力を踏まえて最適な練習を組み立てます。そのため、受講前に志望と現状をお伝えいただけると助かります。
【高校数学】
学校で習ったけれどもよくわからない分野があるという方はご相談ください。わからないまま先に進むということはいたしません。納得できるまでいっしょに考えます。数学は突き詰めて考えるとそれだけ理解できるような整合性を持っています。
【中1・2国語】
小説を講読します。漢字や文法といった基本事項の確認から始め、ポイントとなる場面や登場人物などについて意見を交わします。その後、作品の解釈をめぐって議論を深めます。そこから自分なりの論点を見つけ、文章としてまとめます。扱うテキストは、受講者にあわせて講師が選択・準備します。小説を読み、小説について対話し、小説について考え、小説を手がかりに表現する。その楽しさと奥深さを、ぜひ一緒に体験しましょう。【中・3国語】
日本語の古典について学びます。基本的な文法のきまりごとを確認した後は、実際に例文を読みながら古文・漢文の世界に親しみます。高校入試を目前に控えた時期ですので、それに向けて演習形式で授業を進めます。ただし、問題に正解できるようになることは、目標の半分です。現代にも通じる古典の面白さや、現代にはない古典ならではの面白さ、それらを実感することが、あと半分の目標です。

【高校国語】
受講者が興味のあるテーマに沿って、小説、評論、エッセイ、論文など、いくつかの文章を購読します。「これを読みたいのだけれど、なかなか一人では読めない」といった本を持ち込んでもらってもかまいません。受講者が複数の場合は、共通するテーマを設け、こちらでテキストを準備します。本は、一人で黙読するのも良いですが、自分とは違った視点を持つ人と話しあいながら読むと、思いがけない発見をもたらしてくれるものです。

【理科:「中1・2」「中3」共通】
授業時間の前半では、単元ごとの「まとめノート」を作成します。これは現時点での知識の見取図です。できればノートの見開き2ページに1単元が収まるくらいの分量に整理します。自分なりに編集する作業を通して、頭のなかに知識が自然と定着します。また、そのノートを日常的に参照し、加筆し、蓄積しておく習慣をつければ、テスト前に慌てることもなくなります。それをふまえて授業の後半では、前半でまとめた単元を中心に、演習問題に取り組みます。持ち物は、中学校で使っている理科の教科書とノート、プリント類です。また、初めて参加する人は新品のノート1冊を、そうでない人は以前からの「まとめノート」を持参してください。

タグ

2013年11月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

このページの先頭へ