イメージ画像

本当の勉強──Age quod agis.

山びこ通信巻頭文(2011.06)

本当の勉強──Age quod agis.

好きなことをとことんやる。そこから何か別の道が開けてくる。好きなこととの出会い、自分の生きる道との遭遇。日本語ではこういったこともすべて含めて「ご縁」と呼ぶ。表題のラテン語は、「できることをせよ」というのが直訳だが、授かった「ご縁」を大事にして目の前のことに全力を尽くせ、という意味で解釈したい。

今回の大震災で漁船を失った漁師は数知れない。その一人が日々の心情をブログに綴っていた。漁師をやめようかと何度も思った。そんな彼に希望の光が差した。ブログを見た他府県の漁師から中古船の譲渡を提案するメールが届いたのだ。TVの取材の中で、彼はこうつぶやいていた。「これからも目の前のことを一つ一つやるだけです」と。この言葉は、表題の言葉の意味を余す所なく伝えている。

「できることをする」。ただそれだけのことのようだが、「できる」と言えるためには無数の条件が満たされねばならない。このことを、今回の天災を通してあらためて教えられた気がする。「できる」の意味を考えれば、自分は何に全力を尽くすべきか、心の深いところで自問自答が繰り返される。答えは容易に出ない。であれば、自分が「これは」と思えるもの、「好きなこと」を手がかりにして、そこから進んでいけばよいのではないか。

本来、誰の中にも本物の輝きがある。だが、磨かなければ表に出ない。自分にもそれが何か見えないままである。大人になるにつれ、努力を忌避し失敗を恐れる心が育つ。一方、「できる」ことへの感謝を忘れず「好きなこと」に磨きをかける限り、その取り組みは必ず人々の絆の中で生かされる。ひいては社会に、そして自分に輝きを与えるものとなる。モノの損失だけがもったいないのではない。各自が自分の意志で自分を練磨することなく、絶えず他からの働きかけで動かされるだけなら、それはモノ以上に大きな社会的損失である。

「ご縁」という言葉は「有り難い」という日本語とつながっている。実際、無数の条件の上に自分の「学び」は成り立っているが、日頃はそれに気づかない。日本には水や空気のように学びの機会が横溢しているのだから。日本語で「勉強ができる」と言えば、普通は「学校の成績がよいこと」を意味する。社会人に関して「仕事ができる人」といったフレーズもよく聞かれる。しかし、これらの表現を英語に直訳しても、日本語の意味をそのまま伝えることはできない。映画の字幕に I can study! I can work! という台詞があれば、己の幸運に感謝する人間の姿を想像する。

とかく「成績」で評価される日常が目の前にある。多くの人が他人と比べられ、尻を叩かれている。うまくいかないことが続けば、きっと何かのせいにしたくなる。だが、震災ですべてを失った人々のことを思えば、みんな言い訳に過ぎないことに気づく。運が悪いのではなく、本当は運にとても恵まれているのだ。ただチャンスを生かしきれていないだけなのだ。こう気づくとき、猛然と本当の勉強が始まるのではないだろうか。狭い世界の中で他者と競わされる道でなく、世のため人のために己の命を生かす本当の勉強が。

山の学校代表 山下太郎

タグ

2011年6月25日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:巻頭文

2011年夏!「ラテン語文法夏期講習」のご案内

表題に関し、以下の内容の講習会を企画しました。ふるってのご参加をお待ち申し上げます。

入門コース

日程: 7月23日(土)、7月30日(土)
時間: 14時~17時
教科書: 田中利光『ラテン語初歩(改訂版)』(岩波書店)
講師: 山下太郎
定員: 先着5名
メッセージ: ラテン語ははじめてという方、辞書の引き方がわかればいい、という方、すでに独学したけれども途中で挫折したという方向けのコースです。「ラテン語はかじったことがある」と(胸をはって)言えるところまでもっていくのがこのコースの目的です。

復習コース

日程: 7月17日(日)、24日(日)、31日(日)、8月7日(日)
※最終日のみ変更の可能性があります。
時間: 14時~17時
教科書: 中山恒夫『標準ラテン文法』(白水社)
講師: 広川直幸
定員: 先着5名
メッセージ:
ラテン語既習者が文法の俯瞰図を得るための講習です。教科書を4日の授業ですべて終わらせます。一日に少なくとも5課は進む強行軍になりますので、既に「一通り」ラテン文法を学習したことがあるというのが受講の条件となります。

会費

入門コース:21,000円
復習コース:42,000円

※特典:山の学校に入会する場合、入会料は免除します。

場所

山の学校の教室を使用します。

申し込み

  • 申し込みを希望される方は下のフォームをご利用いただけます。
  • お電話でも申し込みを受け付けます。075-781-3215
  • ご希望のコースを忘れずにお伝え下さい。
  • 会費は講習会開始日までに下記口座いずれかにお振り込み下さい。
  • 京都中央信用金庫 銀閣寺支店 普通 2217927
    名義:学校法人北白川学園 理事長山下太郎
    ゆうちょ銀行00990-0-207268
    加入者名:学校法人北白川学園

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

タグ

2011年6月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

山びこ通信最新号

山の学校の機関誌『山びこ通信』の2011年度春号が出来上がりましたので、お知らせいたします。

pdf形式(66Mbyteあります)

『山びこ通信』(2011年度春号)

タグ

2011年6月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:山びこ通信

7-8月のイベント案内

7-8月のイベントをご案内いたします。

・8月は恒例イベントに加え、「ロボット工作」や「古典語の夕べ〜ラテン語と漢文」など、特別なイベントがあります。将棋道場はトーナメント大会です。どうぞお楽しみに!(詳細は、後日お知らせ致します)
イベント案内2011-7-8月, 語学クラス:古典語の夕べ概要
・あわせて「夏期講習」のお知らせも掲載しています。(詳細は後日お知らせ致します)
一般向け語学クラスの紹介(一部)、ご寄稿頂いた受講者の感想文を掲載しています(ギリシャ語講読を追加)。
「古典語の夕べ」内容紹介もご覧下さい。

タグ

2011年6月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

山びこ通信のごあいさつ(2009-02号)

山びこ通信 2009-02号に掲載した挨拶文を転載いたします。もうすぐ最新号が出来上がります。

和して同ぜず

山びこ通信の最新号をお届けします。講師による恒例の「クラスだより」に加え、会員による授業の感想も一部掲載しています。号を追うごとにページの合計枚数は増え続け、今回は全部で30ページを超えました。ご一読いただき少しでもピンとくるものをお感じいただけるなら、望外の喜びです。

私自身全体を通読する中で、『論語』の「和して同ぜず」という言葉が脳裏をよぎりました。言うまでもなく、すべての先生が参加者の「好奇心」を応援しようと一生懸命努力しています。この点に「山の学校」の「和する」姿勢を見出す一方、それぞれの先生が自分なりの強いポリシーをもってクラスに臨む点に「同ぜず」の意気込みを感じます。

今、先生のポリシーと書きましたが、実際にはクラスのポリシーと言い換えた方が実情に近いと思います。たとえば、同じ先生が同じ学年の異なるクラスを担当した場合、しばしばクラスの取り組み内容がまるで異なるものに見えてきます。これは、先生が参加者一人一人の個性を見つめ、それを最大限に引き出すもっとも相応しやり方を考えた結果、そのような違いが生まれるのだと解釈できます。言い換えれば、参加者一人一人の個性がクラスの内容を創る主役になっている、といえます。

私は「山の学校」の先生と授業内容のことで対話するとき、しばしば「生徒さんの意気込みにこちらがいっぱい勉強させられます」という言葉を聞かされますが、この言葉が「山の学校」の取り組みのすべてを象徴していると思います。山びこ通信の原稿に目を通すと、そのような先生一人一人のクラスへの真摯な姿勢と熱い思いが感じられ、何よりありがたく思われます。

さて、新年度からいよいよ小学生対象の「かいが」がスタートいたします(詳細は2ページ参照)。また一般対象では、ギリシア語に「講読クラス」が新たに加わります(ホメーロスの『イーリアス』を読む予定とうかがっています)。この二つのクラスは、年齢の対象こそ違いますが、どちらも人間の生きる喜びに深い部分で関わるクラスとして、かねてより開設できる日を待ち望んでおりました。こうして皆様にご紹介できることを心より嬉しく思います。

子どもたちを取り巻くこれからの10年、20年後の社会を想像しますと、ますます「和して同ぜず」、すなわち、他者と協調しながらも「自分」を見失わない生き方が強く問われるように思います。そのための基礎教育を行う場として、「山の学校」は今後ともできることを一つ一つ実践して参りたいと思いますので、どうかこれからも宜しくご支援のほどお願い申し上げます。

山の学校代表 山下太郎

タグ

2011年6月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ごあいさつ

『自分で考える喜び』──中学・高校生へ

山下太郎

自分で考える喜びというと聞こえはよいが、これほど忍耐を要することはない。数学で言えば、10分考えてすぐに答えをみて解法を理解するのも一つだが、それが「喜び」に直結しているかどうか。私の思う「考える喜び」は想定しているタイムスパンがもっと長い。

数学でいえば、解けない問題に出くわしたとき心がときめいてほしい。それこそ「寝ても覚めても」その問題のことを考え続けることが、本当に「考える」ことである。また、その結果正解を得たときの喜びも大きい。

正解にたどりついたかどうかは二の次で、あきらめずに考え抜くことは、将来自分で問題を発見し、それに挑戦する前段階として必要な精神の修行である。

今の時代、学校で指導する方も、される方も、せっかちに見える。今、山の学校で取り組んでいる「推理クイズ」でいえば、すぐにヒントを求めたがる態度はどうなのか? わからない経験とじっくりつきあう小学生クラスの子どもたちをみていると、頼もしく思えてくる。

国語でいえば、他人の解釈を一生懸命暗記しても何もならない。読書百遍という言葉は真実である。国語ほど「正解」のない科目はないが、教育界はどうしても「正解」を教えないと気が済まない。

100点満点の中で50 歩100 歩の争いをするよりも、「自己採点で」1 万点、100 万点!の答案を目指してほしい。英語なら英文でエッセイをかいてみてはどうか。日本で言う英作文とは、他人の書いた日本文の翻訳以上の意味はない。

人間なら、機械が採点できない世界でとことん遊んでほしい。国語では本を読み、内容を要約し、添削を受けるといった基本を繰り返し、同時に自分の考えを紙にかいて表現してほしい。

どの科目も、自分で考える喜びとリンクさせるとき、絵を描くのと同じ喜びが手にはいる。そこに勉強の本当のおもしろさはあると思う。大学にはいるまではたしかに「正解」との上手なつきあい方を学ぶのも大事ではあるが、それに終始し納得していてはいけない。

学校が誘導しなくても、山の学校の生徒なら、家で本を読み、日記に感想を書くくらいは朝飯前であってほしい。数学なら、難しい問題に出会って感激してほしい。一つの問題に何日かかっても、考え抜いたプロセスすべてが自分の血となり肉となる。

偏差値に反映しないことは何もしない人間にはならないこと。他人の評価は横へ置き、自分が興味を持ったことに、とことん打ち込むべし。

2009-02 山びこ通信

タグ

2011年6月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:山びこ通信

このページの先頭へ