イメージ画像

new! イタリア語、会員募集中です

4月からのイタリア語講読クラスは、現在新しい参加者を募集中です。

講師: 柱本元彦
時間: 月曜日 18:40-20:00
クラス紹介:

 「現在イタリア語クラスで開講しているのは講読のみです。前回は現代作家タブッキの短編小説を読みましたが、今回は美術に関するものを選んでみました。フェデリコ・ゼーリの『わたしの好きなクリスマスの絵』(Le mie nativita’)という小さな本です。

頑固なアカデミズムに反抗しつづけたドライでとんがったゼーリ教授が、70 歳を迎え、ゆったりくつろいで書いた文章です(1993 年に雑誌連載、教授は1998 年に亡くなりました)。いつもながら簡潔明快な言葉はそのまま、これ以上はないほどシンプルに絵画の魅力を語っています。

とりあつかうのは、西ローマ帝国末期のモザイクから、ジョット、ジェンティーレ、ボッティチェッリ、ティントレット、ベラスケス、ティエポロまで、12 点の作品です。それぞれの絵に添えられた解説はわずか一ページ半ですが、興味深い語りに耳を傾けながら多様なスタイルの相違を味わうことができます。

ともかく今回の学習テーマは、美術解説に頻出する用語や言い回しに慣れることです。イタリア語で書かれた美術関係書には難解なものが多いのですが、将来そういった文献を読むための格好の入門書と言えます。」(文責柱本元彦、「山びこ通信」最新号より抜粋)

プロフィール: 柱本元彦(はしらもともとひこ)
1961年生まれ。京都大学大学院博士後期過程修了。ナポリ東洋大学講師などを経て、現在は大学非常勤講師、翻訳家。訳書にフェッリーニ『魂のジュリエッタ』(青土社)、ランドルフィ『カフカの父親』(共訳、国書刊行会)、カッチャーリ『必要なる天使』(人文書院)、エーコ『カントとカモノハシ』(岩波書店)、レオパルディ『カンティ』(共訳、名古屋大学出版会)など。

※お申し込み、お問い合わせはフォームメールにてどうぞ。

タグ

2011年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

new! 「ロシア語講読」クラス会員募集中

4月からの新規開設クラスをご紹介します。

「ロシア語講読」

講師はラテン語クラスでおなじみの山下大吾先生です。

「プーシキンなど19 世紀ロシアの古典作家の作品を中心に、受講生と相談の上テクストを選択します。初めてロシア語を学ばれる、あるいは再挑戦される方々を対象にした入門コースも開設予定です。」(講師談)

お問い合わせはフォームメールにてご遠慮なくどうぞ。

タグ

2011年3月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

ケーベル先生と古典

2011年3月12日に開催されました『古典語の夕べ』第2部で配布されたレジュメです。(pdf版)

『ケーベル先生と古典』─You must read latin at least.の意味(講師:山下大吾)

当日のお話を動画に収めました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年3月18日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:イベント

ギリシャ語入門A・Bクラス参加者募集中

今春より、ギリシャ語入門コースを2クラス開講します。次回の募集は先になります。この機会をお見逃しなく。

「ギリシャ語入門A」(火曜日 18:40-20:00)
「Thrasymachusを教科書にして一年かけて基礎を修得します。この授業の軸は,帰納的あるいは発見的な学習法です。それに加えて、SLAの研究成果を応用して、いろいろと冒険してみるつもりです。」(広川直幸先生談)

「ギリシャ語入門B」(土曜日コース)
日時:基本的に毎月第2、第4土曜日。午後2:00から休憩を挟んで5:00頃まで(2コマ相当)。日程はお尋ねください。
教科書:J. W. White, First Greek Book(絶版なので古本を買う必要があります。とりあえず御相談下さい。

「火曜日の入門とは違って、伝統的な文法訳読方式を用いて授業をします。教科書に指定したFirst Greek Bookは、アメリカで出版された古典ギリシャ語の教科書の中では、おそらく最もよく用いられたものです。版権が切れていますので、以下のページでダウンロードすることもできます。

http://www.textkit.com/learn/ID/105/author_id/39/」(広川直幸先生談)

※広川先生は現在京都大学文学部でギリシャ語4時間コースの授業をご担当です。

タグ

2011年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:クラス

古典の夕べ~ギリシャ語とラテン語の饗宴

送信者 ラテン語の夕べ
  • ギリシャ語の夕べ16:30-18:00 (担当:広川直幸)
    Οὐκ ἐκ χρημάτων ἀρετὴ γίγνεται,
    ἀλλ᾽ ἐξ ἀρετῆς χρήματα
    ――ことばが人を裏切るとき――
    普段私たちが使っていると思っていることば.道具だと思っていることば.そのことばに私たちが使われているとしか考えられない状況に遭遇したことはないでしょうか.今回は,演題に掲げた,プラトーン『ソークラテースの弁明』30bのことば「お金から徳ができるのではなく,徳からお金ができるのです」を出発点にして,私たちとことばの(主従)関係を少し考えてみましょう.
  • ラテン語の夕べ(一般対象)
    18:30-20:00(担当:山下大吾)
    ケーベル先生と古典-”You must read Latin at least.”の意味
    西洋古典をその核とする本格的な人文主義的教養を日本に初めてもたらしたケーベル先生の言葉とその生涯、さらにその下で学んだ人々の言葉を通して、ラテン語やギリシア語、古典を学ぶ意義を考えます。

タグ

2011年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

ラテン語春の集中講座のご案内

ラテン語春の集中講座のご案内

このたび下記の通り春のラテン語集中講座を企画いたしました。奮ってのお申込みをお待ち申し上げます。

■申し込み先:電話 075-781-3215、fax 075-781-6073 email: taro@kitashirakawa.jp

■講師からのメッセージ
「ラテン語文法の難関である接続法を重点的に扱います。ラテン語の接続法は一見複雑ですが、その成り立ちや感じ方の基本を把握してから、焦らず順を追って学んで行けば、十分理解可能です。今まで教科書や文法書で学んでみたけれども、いまいち接続法が分からないという人が多いかと思いますが、教科書の説明が詰め込みすぎであったり不完全であることが多いので、それは仕方のないことです。この機会に接続法に対する苦手意識を払拭しましょう。」(広川直幸先生)

■日程
3/20、3/27、4/3、4/10
以上4日、いずれも日曜日。時間は午後2時から5時まで(合計12時間)。

この投稿の続きを読む »

タグ

2011年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:講習会

このページの先頭へ