ラテン語動詞の活用(直説法・能動相・現在)

トップ > ラテン語入門 > ラテン語動詞の活用(直説法・能動相・現在)

動詞<直接法・能動相・現在>

  1. 第1変化動詞(amo(愛する)の変化)
  2. 第2変化動詞moneo(忠告する)の変化)
  3. 第3変化動詞ago(行う)の変化)
  4. 第4変化動詞audio(聞く)の変化)

最初に現在の時制について、活用の仕方を見ていきましょう。上記のように、全部で4つのパターンがあります。”現在・能動・不定法の形で区別する”というのが基本です。不定法の語尾に注意しますと、第1変化動詞は -are (アーレ)、第2変化動詞は、-ere (エーレ)、第3変化動詞は -ere (エレ)、第4変化動詞は -ire (イーレ)で終わります。第3変化動詞には、不定法が -ere (エレ)で終わりながら、現在・一人称・単数(=辞書の見出しの形)が -io (イオー)で終わる(=第4変化動詞のように!)ものがあります。このタイプの動詞は、教科書によっては 3b と区別されたり、第5変化動詞と名づけられたりしています。3b と分類される方が一般的です。今後、さまざまな動詞と出会うことになりますが、(1)必ずどのタイプの変化なのかを、”不定法の形で区別”すること、(2)あとは該当する動詞の変化パターンに照らして、おのおのの動詞の活用の仕方を確認していくこと、の2つの作業に慣れてください。これで、ラテン語動詞の半分以上の知識を得たも同然です。

第1変化動詞

amo(アモー、愛する)の現在の変化

amo(アモー、愛する)の現在の変化は、amo, amas, amat, amamus, amatis, amant です。これを順に発音すると、「モー・マース・マト・アームス・アーティス・マント」となります。 アンダーラインしたところにアクセントがあります。これを繰り返し声に出して復唱します。よどみなく、自信を持って発音できるようにしてください。表にまとめると次のようになります。上で示した amo, amas, amat... の順とは、まず単数1人称からスタートし、次に単数2人称、単数3人称・・と順に降りてきます。その次に複数の1人称から3人称までを続けて読んでいく・・・というのが慣例です。

単数 複数
1人称 amo amamus
2人称 amas amatis
3人称 amat amant

amo(アモー)は英語では"I love"の意味です。厳密に言えば、単に「愛する」という意味ではなく、「私は愛する」を意味する点に注意して下さい。 この調子で、amas(アマース)といえば「あなたは愛する」、amat(アマト)なら「彼(彼女)は愛する」、amamus(アマームス)は「私たちは愛する」、amatis(アマーティス)は「あなた方は愛する」、amant(アマント)は「彼らは愛する」という意味になります。

一人称単数の形について

ラテン語では、一人称単数の形(amoの形)を辞書に載せるのが慣例です。また、一般に辞書では、この形の次に不定法(現在・能動相)の形をあげてあります。上にも書きましたとおり、第1〜第4の活用パターンは、この”不定法の形で区別する”ことが可能になります。

ラテン語動詞の4つの変化型

ラテン語の動詞には全部で4つの変化のバリエーションがあります。これらの区別は、”不定法の語尾の形”でわかります。

1 たとえば、amoの不定法amare(アマーレ)ように、不定法が-are「アーレ」で終わる動詞を第一変化動詞とよびます。

他の例として、cogito(コーギトー)「考える」、 spiro(スピーロー)「息をする」、spero(スペーロー)「希望を持つ」などがあります。

2 一方、moneoの不定法monere(モネーレ)のように不定法が-ere「エーレ」で終わる動詞を第二変化動詞と呼びます。

他の例として、doceo(ドケオー)「教える」、egeo(エゲオー)「欠乏する」、jubeo(ユベオー)「命じる」、sileo(シレオー)「沈黙する」、maneo(マネオー)「とどまる」などがあります。

3 ago の不定法 agere(アゲレ)のように、不定法が -ere 「エレ」で終わる動詞を第三変化動詞と呼びます。

他の例として、facio(ファキオー)「つくる、行う、なす」、cresco(クレスコー)「大きくなる、成長する」、amitto(アーミットー)「失う」、peto(ペトー)「求める」、cognosco(コグノスコー)「知る」、duco(ドゥーコー)「導く」、traho(トラホー)「引きずる」、fugio(フギオー)「逃げる」などがあります。

4 audioの不定法 audire(アウディーレ)のように -ire(イーレ)で終わる動詞を第四変化動詞と呼びます。

他の例として、scio(スキオー)「知る」、sentio(センティオー)「感じる」、venio(ウェニオー)「来る」、reperio(レペリオー)「発見する」などがあります。

第一変化動詞の例文

次にあげるのは、第1変化動詞を用いた例文です。

Cogito ergo sum. 私は考える。ゆえに、私は存在する。
Dum spiro, spero. (私が)息をする間は、希望がある。
Aquila non captat muscam. 鷲(わし)は蠅(はえ)をつかまえない。
Boni amant bonum. 善人は善を愛する。
Fama volat. 噂が飛ぶ。
Varietas delectat. 多様性は喜ばせる。

リンク先に、訳と発音の仕方、文法的説明を加えてありますので、ご覧ください。

見出しにもどる

第2変化動詞

moneo_ の現在変化

moneo(モネオー:(私は)忠告する)をご紹介しましょう。活用は、moneo, mones, monet, monemus, monetis, monent (ネオー・ネース・ネト・モームス・モーティス・ネント)と変化します。

単数 複数
1人称 moneo monemus
2人称 mones monetis
3人称 monet monent

辞書の見出し語 moneo の次には、monere(モネーレ)と書かれているはずです。 語尾は-ere(エーレ)で、第一変化の-are(アーレ)とは異なることがわかります。 細かいことですが、辞書をよく見ると、-ereの一つめのeには長母音の印がついています(eの語の上に横棒がついています)。 このことから語尾の発音は「エーレ」とのばすことがわかります。

第二変化動詞の例文
Disce gaudere. 楽しむことを学べ。
Dum docent discunt. (彼らは)教える間に学ぶ。(=教えることは学ぶこと)
Semper avarus eget. 貪欲な者は、常に欠乏する。
Exempla docent, non jubent. 模範は教えるが、命令しない。
Inter arma silent Musae. 戦争の間、ムーサ(芸術の女神)は沈黙する。
Verba volant, scripta manent. 言葉は飛ぶが、文字は残る。
Doctus in se semper divitias habet. 賢者は己の中に常に富を持つ。

見出しにもどる

第3変化動詞

ago_ の現在変化

ago(アゴー:「私は行う」)の不定法の形は、agere(アゲレ)です。辞書をお持ちでしたら、見出し語から数えて2つめに載っている形です。見た目は、第2変化の不定法と同じですね。でも、よく調べると、辞書には長母音の印はありません。つまり「アゲーレ」ではありません。単に「アゲレ」と発音すればよいことがわかります。このように、不定法の語尾の形が-ere「エレ」となるものを、第3変化動詞と分類します。

活用変化
単数 複数
1人称 ago agimus
2人称 agis agitis
3人称 agit agunt

活用は、ago, agis, agit, agimus, agitis, agunt(ゴー・ギス・ギト・ギムス・ギティス・グント)となります。

第三変化動詞の用例
Barba non facit philosophum. 髭(ひげ)は哲学者をつくらない。
Virtus laudata crescit. 美徳は賞賛されて成長する。
Certa amittimus dum incerta petimus. われわれは不確実なものを求める間に確実なものを失う。
Cognosce te ipsum. 汝みずからを知れ。
Ducunt volentem fata, nolentem trahunt. 運命は望む者を導き、望まぬ者をひきずる。
Utinam tam facile vera invenire possem quam falsa convincere. 私は偽であることを証明するのと同じほど容易に、真実であることを発見できるならいいと思う。

この用例に登場している第3変化動詞は、 facio (つくる)、cresco (成長する)、amitto (失う)、peto (求める)、congnosco (知る)、duco (導く)、traho (ひきずる)があげられます。それぞれの動詞を単数1人称から複数3人称まで、順に活用させてみてください。facio, facis, facit, facimus, facitis, faciunt といった具合にです。

見出しにもどる

第4変化動詞

audio(アウディオー)の変化

audio「私は聞く」の不定法は、audire(語尾は-ire)で、i には長母音の印がついていますから、発音は「アウディーレ」となります。このように、不定法の語尾を -ire「イーレ」と発音する動詞を第4変化動詞とみなします。

活用変化
単数 複数
1人称 audio audimus
2人称 audis auditis
3人称 audit audiunt

活用は、audio, audis, audit, audimus, auditis, audiunt(アウディオー・アウディース・アウディト・アウディームス・アウディーティス・アウディウント)となります。

第四変化動詞:

第4変化の主な動詞: dorimio (ドルミオー、眠る)、venio (ウェニオー、来る)、advenio (アドウェニオー、到着する)、convenio(コンウェニオー、会う、集まる)、invenio (インウェニオー、発見する)、scio (スキオー、知っている)、nescio (ネスキオー、知らない)など。

Verum cur non audimus? quia non dicimus. 我々は真実をなぜ聞かないのだ?なぜなら我々が(真実を)話さないからだ。

見出しにもどる


ラテン語入門
Taro Home Page