西洋古典文学とは

西洋古典文学とは、英語で the classics といいます。英語の classic とは、(芸術作品について)「第一級の」「最高水準の」という意味をもっています。では、具体的にどのような文学を指すのでしょうか。例えば、みなさんはギリシア神話をいくつかご存じでしょう。神々や神話上の英雄を主人公とした文学作品が、ギリシア・ローマ時代には数多くかかれました。ギリシアの詩人ホメーロスの『イリアス』や『オデュッセイア』などが有名ですし、3大悲劇詩人によるギリシア悲劇もよく知られています。

他方、ローマの文学もギリシアに劣らぬ豊かな内容を誇っています。カエサルやクレオパトラの生きた時代をイメージして下さい。当時のローマ人の笑いや涙、希望や祈りを掬(すく)い取り、21世紀を生きる我々にも変わらぬ光彩を放つ文学作品の数々。このコーナーでは、これらの古典文学の中から印象的な言葉やエピソードのいくつかを思いつくまま紹介していきたいと思っています。

作家・ジャンル別リスト

ギリシア神話

古代ギリシアの三大悲劇詩人として、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスの3人がいます。

ホメーロス

ホメーロス(前750年頃)は、ヨーロッパ最古の文学作品、『イーリアス』と『オデュッセイア』を残しました。

『イーリアス』
『オデュッセイア』

ヘーシオドス

作品には『神統記』(Theogonia)と『仕事と日』(Erga kai hemerai)があります。前八世紀末頃の叙事詩人、ヘーシオドスは、作品の中で自己を語った最初の人であるといわれます。

ヘロドトス

ギリシア悲劇

ローマ喜劇

キケロー(BC106-43)

古代ローマの政治家にして哲学者であったキケロー(前106-前43)は、ヨーロッパの歴史、とりわけルネッサンス以降のヨーロッパ的教養(フーマニタースの思想)の形成に大きな影響を与えました。

ネポース(BC109?-27?)

カトゥッルス(BC84?-54?)

カトゥッルスはローマの恋愛詩人で、前54年頃、30歳の若さでローマに没しました。

ルクレーティウス(BC94?-55?)

ティトゥス・ルクレーティウス・カールス(Titus Lucretius Carus )はローマを代表するエピクーロス派の詩人で、作品には六巻からなる『事物の本性について』(De Rerum Natura)があります。

ウェルギリウス(BC70-BC19)

作品として『牧歌』、『農耕詩』、『アエネーイス』の3つがあります。

『牧歌』
『農耕詩』
『アエネーイス』

ホラーティウス(BC65-BC8)

オウィディウス(BC43-AD17?)

セネカ(BC27-AD68)

マルティアーリス(40?-104?)

その他