「ペティテ・エト・アッキピエーティス・プルサーテ・エト・アペリエートゥル・ウォービース」と読みます。
peto,-ere(第三変化)の命令法・能動相・現在・複数・2人称の形がpetiteです。
意味は「求めよ」となります。
pulso,-are(第一変化)の同じ形がpulsateで、意味は「叩け」となります。
accipio,accipere(第三変化)の直説法・能動相・未来・複数・2人称はaccipietis で、「あなたがたは受け取るでしょう」と訳します。
aperietur は、第4変化動詞 aperio の直説法・受動相・未来・単数・3人称で、「開かれるでしょう」。
vobis は人称代名詞・2人称・複数・与格(=あなたがたのために)です。
訳は、「求めよ、そうすればあなたがたは(求めたものを)受け取るでしょう。叩け、そうすれば(叩いた扉が)あなたがたのために開かれるでしょう。」
『聖書』の言葉です。

関連記事: