不定法

不定法は、現在、未来、完了の三つの時称で現れます。それぞれに能動態と受動態があります。つまり全部で六つの形があります。amōを例に取ると、それぞれ次のような形になります。

(左が能動態、右が受動態)
現在 amāre amārī
完了 amāvisse amātus esse
未来 amātūrus esse amātum īrī

完了の能動態は、完了幹+isse(~したこと)、完了の受動態は、完了分詞+esse(~されたこと)です。未来の能動態は、未来分詞+esse(~するだろうこと)、未来の受動態は、目的分詞(スピーヌム)+īrī(~されるだろうこと)です。

形式受動態動詞の不定法は能動態の形を持ちません(受動態の三つの時称のみ)。opīnor(推測する)を例に取ると、不定法の現在はopīnārī(推測すること)、完了はopīnātus esse(推測したこと)、未来はopīnātūrus esse(推測するだろうこと)となります。未来の形は、受動態のopīnātum īrīの形でなく、能動態になる点が注意すべきポイントです。

時称に関しては、主文の動詞と比べて「同時」なら現在時称、「以前」なら完了時称、「以後」なら未来時称が使われます。

不定法の基本的用法

ラテン語の不定法は、英語のto不定詞と同じく名詞として使われます。文の主語にも補語にも、目的語にもなります。その場合、中性単数の名詞扱いされます。

Vidēre est crēdere. 見ることは信じることである。

不定法vidēreが主語、crēdereが補語になっています。

Errāre hūmānum est. 間違うことは人間らしい。

主語は不定法errāreで、補語は形容詞hūmānumです。これは第一・第二変化形容詞hūmānus,-a,-umの中性・単数・主格です。つまり、不定法は中性単数の名詞扱いすることが確認できます。

不定法・能動態・現在

ラテン語の不定法・能動態・現在はきわめて重要な形を示しています。この形を見れば動詞の活用の型がわかるからです。amō(愛する)を例にとると、その不定法・能動態・現在は amāre(アマーレ)です。この形は辞書を引くと見出しの右横に書いてあります。たとえば、amō,-āreといった具合にです。辞書を引いたとき、必ずこの形に注意する癖をつけてください。

第1変化動詞: amō,-āre
第2変化動詞: videō,-ēre
第3変化動詞: agō,-ere
第3変化B動詞: capiō,-ere
第4変化動詞: auidō,-īre

初心者の人は、ハイフンで示されても困るかもしれません。amō,-āreはハイフンを使わずに書くと、amō,amāreです。同様に、moneō,monēre、agō,agere、audiō,audīreです。

授業等ではいちいち「不定法・能動態・現在」とはいわず、「不定法」とだけいわれることが多いです。不定法の他の形にくらべ、出現頻度が圧倒的に多い形だからです。

不定法・受動態・現在

不定法の受動態・現在は現在幹に-rīをつけて作ります。ただし、第三変化と第三変化Bは、現在幹から幹末母音eを取り-īをつけます。

第1変化動詞: amārī
第2変化動詞: monērī
第3変化動詞: agī
第3変化B動詞: capī
第4変化動詞: auīrī

不定法・受動態・現在の例文

Sī vīs amārī, amā. 愛されたいなら、愛しなさい。
Fās est et ab hoste docērī.  敵からも教わる(学ぶ)ことは正しい。

不定法・能動態・完了

完了の能動態は、完了幹+isseで表します。「~したこと」と訳せます。amōを例に取ると、不定法・能動態・現在amāreは「愛すること」、不定法・能動態・完了のamāvisseは「愛したこと」となります。

第一変化動詞 amō > amāvisse
第二変化動詞 moneō > monuisse
第三変化動詞 agō > ēgisse
第四変化動詞 audiō > audīvisse

不定法・能動態・完了の例文

In magnīs et voluisse sat est.
偉大なことにおいては志しただけでも十分だ。

voluisseは不規則動詞volōの不定法・能動態・完了で、この文の主語です。magnīs(偉大な、大きい)は中性・複数・奪格で、この文では名詞として使われています。

不定法・受動態・完了

完了分詞+esseで表します。

不定法・能動態・未来

未来分詞はesse(sumの不定法・能動態・現在)とともに、不定法・能動態・未来を作ります。esseが省略されることもあるので、注意が必要です。

不定法・能動態・未来の例文

Crās tē victūrum, crās dīcis, Postume, semper.
ポストゥムスよ、明日自分は生きるだろう、明日になれば、といつも君はいう。

不定法・受動態・未来

完了分詞、中性・単数・対格形(=スピーヌムと呼ばれる)+īrī で表します。

不定法の用法

主な用法を紹介します。ラテン語では「対格不定法」が頻出します。

対格不定法

Intellegō tē sapere.
私は君が賢明であると理解している。

「AがBであることを理解する(intellegō)」という構文です。この時、主動詞(intellegō)の主語(ego)と、不定法の意味上の主語(上の例ではtē)が異なるため、後者を対格にします。このtēという対格が不定法sapere(賢明であること)の意味上の主語になるわけです。

歴史的不定法

不定法が直説法・能動態・未完了過去、または完了の代わりとして用いられることがあります。

Tum Catilīna pollicērī novās tabulās. Sall.Cat.21
その時カティリーナは借金の帳消しを約束した。

pollicērīは形式受動態動詞polliceorの不定法ですが、完了(pollicitus est)の代わりとして使われています。

関連記事: