動名詞について

ラテン語の動名詞は、現在分詞の語尾-nsを-ndumに変えて作ります(amō→amans→amandum)。英語と同じく「~すること」と訳せます。ただし、ラテン語の動名詞は文中での役割に応じて語尾の形を変えます。変化のスタイルは、第二変化の中性名詞(verbum等)と同じですが、主格(呼格)を除いた単数のみで使われます(複数形はありません)。

属格 docendī 教えることの
与格 docendō 教えることに
対格 docendum 教えることを
奪格 docendō 教えることによって

動名詞の属格

動名詞の属格は「~ことの」という意味を持ち、一般名詞の属格と同じ働きをします。

Scrībendī rectē sapere est et principium et fons.
知恵を持つことは、正しく書くことの始まりであり、源泉である。

動名詞の与格

動名詞の与格は「~することに」と訳すのが基本です。
Ego relictīs rēbus Epidicum operam quaerendō dabō.
私は万事後回しにし、エピディクスを探すことに全力を尽くそう。

動名詞の対格

動名詞の対格形は常に前置詞と一緒に用います。adとともに副詞句を作る例はよく見られます。
Ego nullam aetātem ad discendum arbitror immātūram.
私はいかなる年齢も学ぶのに若すぎることはないと信じる。

動名詞の奪格

本来なら動名詞の単数・主格を使うような場合、ラテン語では不定法を用います。例えば、「教えることは学ぶことである」という日本語を英語とラテン語で訳すと次のようになります。
(ラテン語)Docēre est discere.(教えることは学ぶことである)
(英語) Teaching is learning. (同上)
ラテン語の不定法(docēreとdiscere)が英語の動名詞(teachingとlearning)とぴったり対応しています。一方、ラテン語で同じ内容を動名詞を使って表す場合、次のように奪格(~することによって)を使う手があります。

Docendō discimus. 私たちは教えることによって学ぶ。

Nihil agendō hominēs male agere discunt.
人は何もしないことによって、悪い行いを学ぶ。

agendōは動名詞agendumの奪格です。nihilは単数・対格でagendumの目的語です。細かい話ですが、このように動名詞が目的語を取るのは、動名詞の属格か前置詞を伴わない奪格に限られます(動名詞の対格や与格、または前置詞を伴う奪格で目的語を表す場合、後で学ぶ「動形容詞」を用います)。

不規則動詞の動名詞

合成動詞も含めsumには動名詞はありません。ferō(運ぶ)の動名詞はferendum、eō(行く)の動名詞はeundumになります。

Fāma crescit eundō. 噂は進むにつれて大きくなる。

eundōはeōの動名詞eundumの奪格です。「進むことによって」と訳せます。この例文の直訳は「噂は進むことによって大きくなる」です。

関連記事: