現在、未完了過去、未来の受動態

ラテン語は動詞の語尾を変えることで受動態の文(いわゆる受け身の文)を作ります。現在、未完了過去、未来の受動態は、いずれも現在幹(不定法から-reを取った形)を元にして作られます。以下、受動態の現在時称から順に見ていきます。

直説法・受動態・現在

現在幹に受動態の人称語尾をつけます。人称語尾の変化は次の通りです。

 

受動態の人称語尾

単数 複数
一人称 -or -mur
二人称 -ris(-re) -minī
三人称 -tur -ntur

 

1変化動詞amōの受動態・現在

単数 複数
一人称 amor amāmur
二人称 amāris (amāre) amāminī
三人称 amātur amantur

 

1人称単数のamorの形が原則と若干異なること(ama-orの縮約形がam-or)、3人称複数の幹末母音が短くなること(ā→a)に注意します。また、2人称単数はamāreの形もあります(不定法・能動態・現在と同じつづり)。

第2変化動詞以下の受動態・現在の変化は次の通りです。

第2変化

videor, vidēris, vidētur, vidēmur, vidēminī, videntur

第3変化

agor, ageris, agitur, agimur, agiminī, aguntur

第3変化B

capior, caperis, capitur, capimur, capiminī, capiuntur

第4変化

audior, audīris, audītur, audīmur, audīminī, audiuntur

現在幹に人称語尾をつける際、幹末母音の揺れが見られます(顕著なのが第3変化と第3変化Bです)。

 

不規則動詞の直説法・受動態・現在

不規則動詞のうちdō(与える)とferō(運ぶ)は受動態の形を持ちます。ただし、dōは1人称単数の形を欠いています。

dō: ―, daris, datur, damur, daminī, dantur

ferō: feror, ferris, fertur, ferimur, feriminī, feruntur

受動態の文

受動態の文は、他動詞を含む能動態の文を基本として作られます(他動詞を受動態に直し、目的語を主語にします)。基本的な考え方は英語と同じですが、ラテン語の場合、受動態の「行為者」(agent)の表し方に若干の注意が必要です。行為者とは誰(何)によってその行為がなされるかを明らかにする語のことで、元の能動態の文の主語に当たります。

受動態の例文

Dī ā nullō videntur, ipsī autem omnia vident. 神々は誰にも見られないが、自身はすべてを見ている。

Ignis nōn extinguitur. 火は火によって消えない(消されない)。

Probitās laudātur et alget. 正直は称えられ、そして凍える。

不定法・受動態・現在

不定法の受動態・現在は現在幹に-rīをつけて作ります。ただし、第三変化と第三変化Bは、現在幹から幹末母音eを取り-īをつけます。不定法・現在の能動態と受動態を比較すると次のようになります。

不定法・受動態

amō(1) > amā

videō(2)  > vidē

agō(3) > agī

capiō(3B)  > capī

audiō(4)  > audī

不定法・受動態・現在の例文

Sī vīs amārī, amā. 愛されたいなら、愛しなさい。

自動詞の受動態

自動詞の受動態(三人称単数)は非人称的に用いられます。「誰が(何が)~される」という形(人称的)ではなく、「その動作や行為が一般になされる」という意味で使われます。例えば、eōは「行く」という意味ですが、ītur(現在幹ī+tur)は「行くことがなされる」、すなわち「人は行く」という意味です(この「人」は一般的な「人」の意味)。

Sīc ītur ad astra.  人はこのようにして星々に向かう。

自動詞的に使われる受動態

他動詞の受動態が自動詞的な意味を表す例があります。

Tempora mūtantur, et nōs mūtāmur in illīs. 時は移ろいゆく。われわれもその中で移ろいゆく。

直説法・受態態・未完了過去

受動態・未完了過去は、現在幹に-ba-(または-bā-)をつけ、受動態の人称語尾を加えて作ります。

第一変化 第二変化 第三変化 第四変化
単一 amābar vidēbar agēbar audiēbar
単二 amābāris vidēbāris agēbāris audiēbāris
単三 amābātur vidēbātur agēbātur audiēbātur
複一 amābāmur vidēbāmur agēbāmur audiēbāmur
複二 amābāminī vidēbāminī agēbāminī audiēbāminī
複三 amābantur vidēbantur agēbantur audiēbantur

 

不規則動詞の変化は次の通りです。

dō:dabar, dabāris, dabātur, dabāmur, dabāminī, dabantur

ferō:ferēbar, ferēbāris, ferēbātur, ferēbāmur, ferēbāminī, ferēbantur

直説法・受動態・未来

直説法・能動態・未来と同じく、作り方には二通りあります。第一、第二変化と第三、第四変化では作り方が違いました。ピンとこない方は、ここで能動態・未来の復習をしておきましょう。

第一、第二変化動詞の受動態・未来

能動態の第一、第二変化動詞の未来形は、現在幹に-bi-と能動の人称語尾が加えられるのでした(ただし-bi-のiは落ちたりuに変わったりします)。受動態の未来も、現在幹に-bi-と受動態の人称語尾を加えて作ります(ただし-bi-は-bo-、-be-、-bu-にも変わります)。

第三、第四変化動詞の受動態・未来

第三、第四変化の能動態・未来の作り方は、現在幹と人称語尾の間に-a-(一人称単数)または-e-をはさむのでした(現在幹+-a-/-e- +人称語尾)。第三変化動詞agōの能動態・未来は、agam, agēs, aget…となります。同様に、受動態の未来形も、現在幹と受動態の人称語尾の間に-a-(一人称単数)または-e-をはさんで作ります。なお、第三変化Bは第四変化と同じです。

第一変化 第二変化 第三変化 第四変化
単一 amābor vidēbor agar audiar
単二 amāberis vidēberis agēris audiēris
単三 amābitur vidēbitur agētur audiētur
複一 amābimur vidēbimur agēmur audiēmur
複二 amābiminī vidēbiminī agēminī audiēminī
複三 amābuntur vidēbuntur agentur audientur

不規則動詞の変化は次の通りです。

dō:dabor, daberis, dabitur, dabimur, dabiminī, dabuntur

ferō:ferar, ferēris, ferētur, ferēmur, ferēminī, ferentur

直説法・受動態・未来の例文

Vocābitur hic quoque vōtīs.  彼もまた祈願の際にその名を口にされることになるだろう。

 

命令法・受動態

命令法の受動態を紹介します。amōを例に取ると次のような形になります。

現在・2人称単数 amāre

現在・2人称複数 amāminī

未来・2人称単数 amātor

未来・2人称複数 ―

3人称単数 amātor

3人称複数 amantor

命令法・受動態・現在の2人称単数は、不定法(能動態・現在)と同じ形です。2人称複数は、受動態の現在、2人称複数の形と同じです。Amāre. は不定法として用いられる場合は「愛すること」ですが、文として出てきたら、「(あなたは)愛されよ」と訳すことになります。一方、Amāminī. は「あなた方は愛される」(直説法・受動態・現在、二人称複数)とするか、「(あなた方は)愛されよ」(命令法・受動態・現在、二人称複数)とするのかは、文脈によって判断することになります。

命令法・受動態・未来は、現在幹(不定法の語尾から-reを取った形)に-torや-ntorを加えて作ります。ただし、第三変化の場合は、現在幹の末尾の母音eをiやuに変えます。例えば、第三変化agōの未来・二人称(三人称)の単数はagitor、三人称複数はaguntorです(能動態・現在、三人称複数の語尾に-orをつけた形と覚えたら早いです)。なお、命令法・受動態・未来は、二人称複数の形を欠いています。

今述べたことは不規則動詞にも当てはまります。dōの命令法・受動態・現在、2人称単数はdare、二人称複数はdaminī、未来の2人称および3人称単数はdator、3人称複数はdantorです。ferōは同じ順にferre、feriminī、fertor、feruntorとなります。

関連記事: