過去完了・直説法・能動態

過去のある時点で何らかの行為がすでに完了している場合、その行為は過去完了で表されます。

過去完了の活用表
amō moneō agō audiō
単数 1 amāveram monueram ēgeram audīveram
2 amāverās monuerās ēgerās audīverās
3 amāverat monuerat ēgerat audīverat
複数 1 amāverāmus monuerāmus ēgerāmus audīverāmus
2 amāverātis monuerātis ēgerātis audīverātis
3 amāverant monuerant ēgerant audīverant
過去完了・直説法・能動態のつくりかた

完了幹に eram (sum の未完了過去)の変化を加えます。参考までに、eram の変化は、eram, erās, erat, erāmus, erātis, erant と活用します。

過去完了とは

過去のある時点ですでに完了している動作や状態を示します。捕らえ方は英語の過去完了と同じです。

過去完了・直説法・能動態の例文

Vixī et quem dederat cursum fortūna peregī.

未来完了・直説法・能動態の変化

未来完了の活用表
amō moneō agō audiō
単数 1 amāverō monuerō ēgerō audīverō
2 amāveris monueris ēgeris audīveris
3 amāverit monuerit ēgerit audīverit
複数 1 amāverimus monuerimus ēgerimus audīverimus
2 amāveritis monueritis ēgeritis audīveritis
3 amāverint monuerint ēgerint audīverint
未来完了・直説法・能動態のつくりかた

英語の未来完了は<will+have+過去分詞>の三語から成り立ちますが、ラテン語の場合、完了幹にsumの未来変化をつけるだけです。ただし、三人称・複数の語尾は -erunt ではなく -erint となります。

未来完了の用法

大別して二つの用法があります。
(一) 未来のある時点である行為が完了していることを表します。
Ubi Rōmam adveniēs, epistulam scrīpserō.
あなたがローマに着く頃には、私は手紙を書き終えているだろう。

(二) 直説法・能動態・未来の代わりとして用いられます。その場合、命令のニュアンスを帯びることもあります。

Nullum putāveris esse locum sine teste.
証人のいない場所はどこにもないと考えなさい。

不規則変化動詞の直説法・過去完了

sum の過去完了
単数 複数
1 fueram fuerāmus
2 fuerās fuerātis
3 fuerat fuerant
dō の過去完了
単数 複数
1 dederam dederāmus
2 dederās dederāis
3 dederat dederant
eō の過去完了
単数 複数
1 ieram ierāmus
2 ierās ierātis
3 ierat ierant

不規則変化動詞の直説法・未来完了

sum の未来完了
単数 複数
1 fuerō fuerimus
2 fueris fueritis
3 fuerit fuerint
dō の未来完了
単数 複数
1 dederō dederimus
2 dederis dederitis
3 dederit dederint
eōの未来完了
単数 複数
1 ierō ierimus
2 ieris ieritis
3 ierit ierint

関連記事: