未来・直説法・能動態

英語の未来形は助動詞willと動詞の原形を組み合わせますが、ラテン語の未来は、動詞の語尾が変化して未来時称を表します。

未来の作り方

第一・第二変化動詞は、現在幹(不定法から-reを取った形)に-bō, -bis, -bit, -bimus, -bitis, -bunt を加えます。amōを例に取ると、amā-bō, amā-bis, amā-bit, amā-bimus, amā-bitis, amā-bunt と活用します。細かくいえば、これは現在幹に-bi-と人称語尾をつけた形であるといえます(ただし一人称単数では-bi-のiが落ち、三人称複数ではiがuに変わる)。

一方、第三、第四変化動詞は、現在幹に-a(一人称単数)または-e(それ以外)と人称語尾を加えて作ります(現在幹+-a/-e +人称語尾)。ただし第三変化では幹末母音 e が落ちることに注意します。agōを例に取ると現在幹age-はag-になり、活用は、ag-a-m, ag-ē-s, ag-e-t, ag-ē-mus, ag-ē-tis, ag-e-nt となります。

細かなことですが、第四変化では幹末母音iが短くなります。audiōを例に取ると現在幹はaudī-でなくaudi-になり、活用は、audi-a-m, audi-ē-s, audi-e-t, audi-ē-mus, audi-ē-tis, audi-e-ntとなります。なお、第三変化Bは第四変化とまったく同じです(capiam, capiēs, capiet, capiēmus, capiētis, capient)。

第1変化 第2変化 第3変化 第4変化
単数1人称 amā vidē agam audiam
2人称 amābis vidēbis agēs audiēs
3人称 amābit vidēbit aget audiet
複数1人称 amābimus vidēbimus agēmus audiēmus
2人称 amābitis vidēbitis agētis audiētis
3人称 amābunt vidēbunt agent audient

 

練習問題

上の表を暗記できたら、活用のテストに挑戦しましょう。

不規則変化動詞の未来

sum (である)の未来
単数 複数
一人称 erō erimus
二人称 eris eritis
三人称 erit erunt

dōの未来:da, dabis, dabit, dabimus, dabitis, dabunt

eōの未来:ī, ībis, ībit, ībimus, ībitis, ībunt

 

未来・直説法・能動相の例文

未来・直説法・能動相を含む例文をご紹介します。(リンク先に発音、文法、訳の説明があります)

Dabit deus hīs quoque fīnem.

Forsan et haec olim meminisse iuvābit.

Jūstitia sine prūdentia multum poterit; sine jūstitiā nihil valēbit prūdentia.

Mediō tūtissimus ībis.

Nātūrā duce numquam aberrābimus.

Numquam perīculum sine perīculō vincēmus.

Petite et accipiētis, pulsāte et aperiētur vōbīs.

Piōs et probōs praemium vītae aeternae exspectābit.

Tū fuī, ego eris.

Vēritās liberābit vōs.

関連記事: