分詞は動詞を元にして作られる形容詞です。ラテン語の分詞を時称に即して大別すると、現在分詞、完了分詞、未来分詞の3つに分かれます。

現在分詞

現在分詞は、現在幹に-nsを加えて作ります。

規則動詞の現在分詞

amō (1)  愛する amans, amantis

videō (2) 見る videns, videntis

agō (3) 行う agens, agentis

capiō (3B) つかむ capiens, capientis

audiō (4) 聞く audiens, audientis

amōを例に取ると、amansの単数・属格が amantisです。-isの語尾からわかるとおり、現在分詞は第三変化形容詞(i幹形容詞)の変化をします。ただし、単数・奪格は、-eで終わり(-īでない)、複数の男性・女性対格は-ēsで終わります(-īsでない)。

不規則動詞の現在分詞

dō 与える dans, dantis

eō 行く iens, euntis

ferō 運ぶ ferens, ferentis

volō 望む volens, volentis

sum である (現在分詞はない)

absum いない absens, absentis

不規則動詞sumの現在分詞はありませんが、absumやpossum等の合成動詞には現在分詞があります(absum→absens、possum→potens)。

現在分詞の例文

Amantēs, āmentēs.
Amor ex oculīs oriens in pectus cadit.
Crescentem sequitur cūra pecūniam.
Dūcunt volentem fāta, nōlentem trahunt.
Merentem laudāre jūstitia est.
Nihil difficile amantī.
Omnia eunt mōre modōque fluentis aquae.
Quis fallere possit amantem?

完了分詞

英語の過去分詞に相当します。「~された(状態の)」という受動の意味を表す形容詞として名詞を修飾したり、sumの変化と組み合わせて受動態を作ったりします。

完了分詞は主語と性・数・格において一致します。
Amata es. 貴女は愛された。
Amatae sunt. 彼らは愛された。
Puella amata est. その少女は愛された。
Pueri amati sunt. その少年たちは愛された。
以上の例において、es, sunt, est の時制はいずれも現在ですが、完了分詞とともに用いられて、受動態の完了の時称を作ります。(英語とのずれに注意してください)。

完了分詞の作り方

第一・第四変化動詞と第二変化の一部は、現在幹(不定法語尾から-reを取った形)に-tus,-a,-umを加えます。この語尾でわかるとおり、完了分詞は、第一・第二変化形容詞bonusと同じ活用をします。完了分詞に不規則形はつきものです。手っ取り早く覚える方法はないので、一つ一つ辞書で確認して下さい。ちょうど英語でwrite、 wrote、writtenと暗記したのと同じことです。

完了分詞の例文

Ālea jacta est.
Ducis in consiliō posita est virtūs mīlitum.
Graecia capta ferum victōrem cēpit.
Verba volant, scripta manent.

目的分詞

辞書にの見出しの右端の形です。辞書には動詞の基本形を載せます。すなわち左から順に、1)直説法・能動態・現在、一人称単数、2)不定法・能動態・現在、3)直説法・能動態・完了、一人称単数、4)目的分詞(スピーヌムとも呼ばれる)です。

4)の目的分詞は完了分詞の中性・単数・主格(または対格)の形です。語尾を-usに変えれば、完了分詞、男性・単数・主格の形が得られることに注目して下さい。つまり、辞書で完了分詞の形を確認するには、この「目的分詞」の形を見ればよいわけです。

目的分詞の対格

目的分詞は、一般にその対格を指します。この形は、「行く」や「来る」といった移動を表す動詞とともに用いられ、その目的を表します。「~するために」と訳せます。例えば、cubō(寝る)の目的分詞(の対格)はcubitumですが、Cubitum eō.といえば、「私は寝に行く」という意味です。

目的分詞の対格の例文

Haeduī lēgātōs ad Caesarem mittunt auxilium rogātum. Caes.B.G.1.11
ハエドゥイー族は援助を乞うためカエサルに使者を送る。

rogātumはrogōの完了分詞ですが、ここでは目的分詞として使われています。auxiliumを目的語に取り、「援助を乞うために」と訳せます。

目的分詞の奪格

目的分詞には-umで終わる対格形とともに、-ūで終わる奪格形もあります。これは形容詞とともに用いられ、「~することにおいて」と訳します。例えば、dīcō(いう)の目的分詞の奪格はdictūになりますが、facilis dictūは「いうのは簡単な」(=いうことにおいて容易な)、miserābile dictūは「いうも惨めな」(=いうことにおいて惨めな)という意味になります。

目的分詞の奪格の例文

Id est facile dictū, sed difficile factū.
いうは易く行うは難し。

dictūは「言う」を意味する動詞 dīcō,-ereの目的分詞、奪格です。factūは「行う」を意味する動詞 faciō,-ereの目的分詞、奪格です。

未来分詞

主文の時称より後に起きる出来事について、「~しようとするところの」という意味を表す能動分詞です。未来分詞は、完了分詞の語尾(-us,-a,-um)を-ūrus,-ūra,-ūrumに変えて作ります。この語尾でわかるとおり、未来分詞はbonus,-a,-umのように変化します。

能動態・現在 / 完了分詞 / 未来分詞
amō amātus,-a,-um amātūrus,-a,-um
videō vīsus,-a,-um vīsūrus,-a,-um
agō actus,-a,-um actūrus,-a,-um
capiō captus,-a,-um captūrus,-a,-um
audiō audītus,-a,-um audītūrus,-a,-um

未来分詞の例文

Disce quasi semper victūrus, vīve quasi crās moritūrus.
永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きよ。

Quō moritūre ruis?
どこに急ぐのだ、死にゆく者よ。

関連記事: