ラテン語の動詞(直説法・能動態・完了)

ラテン語の「完了」は、英文法の「過去」と「現在完了」をカバーします。基本的に「~した」、「~してしまった」と訳すことができます。

完了の作り方

完了は、「完了幹+人称語尾」の組み合わせで作られます。辞書には、不定法の右横に完了の形(完了、一人称単数)が見つかります。大事なことは、動詞を辞書で引いたら必ずこの形を確認することです。不定法の形から現在幹がわかるように(語尾から-reを取る)、完了の形から完了幹がわかります(完了の語尾から母音を取る)。例えばamōの完了、一人称単数はamāvīですが、この語尾から母音の-īを除いた形、すなわちamāv-が完了幹です。後は、完了幹に完了の人称語尾をつけることで、正しく活用させることができます。

完了の人称語尾は次の通りです。三人称複数には二つの形があります。

単数 複数
一人称 -imus
二人称 -istī -istis
三人称 -it -ērunt または -ēre

>>直説法・能動態・完了、過去完了、未来完了

関連記事: