第3変化形容詞

ラテン語の形容詞は、第1・第2変化形容詞と第3変化形容詞の2種類しかありません(名詞のように第4、第5変化はありません)。

形容詞としての用法は、第1・第2変化の形容詞と何も違いはありません。ここで学ぶ第3変化形容詞は、そのほとんどすべてがi幹を持つ形容詞です(第3変化名詞は大半が子音幹名詞)。

i幹形容詞の3種類

(1) 見出しが1種類のタイプ
単数・主格(呼格)の形が全部の性を通じて同じです。単数・奪格は-īと-eの2種類があります。形容詞として使われる場合は-ī、名詞として使われる場合は-eとなります。

sapiens,-entis(賢明な)

男性・女性 中性
単数・主格(呼格) sapiens sapiens
属格 sapientis sapientis
与格 sapientī sapientī
対格 sapientem sapiens
奪格 sapientī(e) sapientī(e)
複数・主格(呼格) sapientēs sapientia
属格 sapientium sapientium
与格 sapientibus sapientibus
対格 sapientēs sapientia
奪格 sapientibus sapientibus

(2) 見出しが2種類のタイプ
辞書の見出しに単数・主格の語尾が2種類が併記されます。その際、男性・女性同形、単数・主格の語尾は-is で終わり、中性の単数・主格は-e で終わります。単数・奪格の語尾が-eでなく-īになる点が第3変化名詞との違いです。

omnis,-e (すべての)

男性・女性 中性
単数・主格(呼格) omnis omne
属格 omnis omnis
与格 omnī omnī
対格 omnem omne
奪格 omnī omnī
複数・主格(呼格) omnēs omnia
属格 omnium omnium
与格 omnibus omnibus
対格 omnīs (-ēs) omnia
奪格 omnibus omnibus

(3) 見出しが3種類のタイプ
単数・主格の語尾が3種類併記されます。男性・単数・主格の語尾が -er となります。これ以外の形は、男性女性とも同じです。

ācer,-cris,-cre (鋭い)

男性 女性 中性
単数・主格(呼格) ācer ācris ācre
属格 ācris ācris ācris
与格 ācrī ācrī ācrī
対格 ācrem ācrem ācre
奪格 ācrī ācrī ācrī
複数・主格(呼格) ācrēs ācrēs ācria
属格 ācrium ācrium ācrium
与格 ācribus ācribus ācribus
対格 ācrēs (-īs) ācrēs (-īs) ācria
奪格 ācribus ācribus ācribus

子音幹形容詞

少数派の子音幹形容詞は「見出しが1種類のタイプ」が基本です。

vetus,-eris (古い)

男性・女性 中性
単数・主格(呼格) vetus vetus
属格 veteris veteris
与格 veterī veterī
対格 veterem vetus
奪格 vetere vetere
複数・主格(呼格) veterēs vetera
属格 veterum veterum
与格 veteribus veteribus
対格 veterēs vetera
奪格 veteribus veteribus

関連記事: