第3変化名詞

第3変化名詞には子音幹名詞とi幹名詞の2種類があります。

覚えるべき変化表は4つあります。「子音幹名詞」としてhomō(人間)と genus(種類)、「i幹名詞」としてignis(火)とanimal(動物)です。

homō「人間」(ホモー)(男性名詞)の変化

単数 複数
主・呼格 homō hominēs
属格 hominis hominum
与格 hominī hominibus
対格 hominem hominēs
奪格 homine hominibus

単数の発音は、「モー・ミニス・ミニー・ミネム・ホミネ」となります。 複数は「ミネース・ミヌム・ミニブス・ミネース・ミニブス」です。

第3変化の特徴は、単数主格について、さまざまの語尾がみられることでしょう。 言い換えれば、この特徴が第三変化の学習を難しく見せています。ここで挫折する人が多いです。 第一、第二変化名詞は、単数・主格、すなわち、辞書の見出しの形が明確です。 第三変化の場合、よりによって、辞書の見出しの形(単数・主格)が一定の形ではありません。 たとえば、homō(c.ホモー)「人間」、genus(n.ゲヌス)「種類」、ignis(m.イグニス)「火」、animal(n.アニマル)「動物」はいずれも第3変化名詞ですが、 ごらんのように単数・主格の語尾はさまざまです。x で終わったり、us でおわったり・・・。

また、の点でも、第1変化女性第2変化男性(語尾が-us)か中性(語尾が-um)といった特色がありますが、 第3変化はすべての性がまんべんなく現れます。 ちなみに、第4変化は男性と中性、第5変化は女性です。 昔から言うように、「習うより慣れよ」の精神で乗り越えてください。

しかし、ここでぜひ押さえておきたい重要なポイントがあります。それは単数・属格が -isで終わる点です。lēxの単数・属格は lēgis、genusはgeneris、ignisはignisです。辞書の見出しの右横にこの単数・属格の形が記されています。

>>「第3変化名詞の調べ方

第3変化中性名詞(子音幹名詞)genus(種類)

単数 複数
主格(呼格) genus genera
属格 generis generum
与格 generī generibus
対格 genus genera
奪格 genere generibus

中性名詞は単数、複数の両方とも主格と対格が同じ形になること、また、複数の主格と対格が-a で終わっていることを確認して下さい。

第3変化名詞(i幹名詞)ignis(火)

単数 複数
主格(呼格) ignis ignēs
属格 ignis ignium
与格 ignī ignibus
対格 ignem ignēs(-īs)
奪格 igne(-ī) ignibus

※複数・属格の形に注意します。

第3変化中性名詞(i幹名詞)(生き物)

  単数 複数
主格(呼格) animal animālia
属格 animālis animālium
与格 animālī animālibus
対格 animal animālia
奪格 animālī animālibus

animalは中性名詞ということで、verbum(言葉)など第2変化の中性名詞と同じく、格変化には次の特徴が認められます。
1 単複とも主格(呼格)と対格が同じ形になる。
2 複数の主格(呼格)と対格は -aで終わる。

関連記事: