ヘーローとレアンドロスの悲劇について、ウェルギリウスは『農耕詩』第3巻258-263で次のように言及しています。

「恐ろしい愛に身を焦がす、かの若者を想え。彼は真暗な夜更けに、嵐が吹き荒れ波立ち騒ぐ海峡を泳ぎ渡る。彼の頭上には天の巨大な門が雷鳴を発し、断崖に突き当たる波は引き返せと叫ぶが、哀れな両親も、まもなく嘆きのあまり死ぬことになる乙女も、彼を呼びとめることはできない。」(河津千代訳)

このエピソードは「人間にも動物にも愛は変わりなく襲いかかる」という考え (amor omnibus idem) を裏付ける具体例として語られています。

一方、詩人は先行する箇所で、「愛を遠ざける必要性」を強調しています。いわく、「家畜を愛や盲目の愛の刺激から遠ざけることほど、その体力を強める上で効果的な世話はない。」と。

この言い回しは、エピクロス派の詩人ルクレーティウスの表現(4.1052以下)をふまえています。

・・・従ってこのように愛の神の矢に打たれた者は――女らしい体つきの少年がその矢を放つにせよ、女が体全体から愛の魅力を放つにせよ――矢を放った者と交わって、己の体から溢れる液体を相手の体に注入せんと努めるものである。なぜなら無言の欲望(cupido)が来るべき快楽を予感させるからである。これが我々の愛(Venus)であり、ここから愛の名称も生まれてくる。また、ここから愛のあの甘い滴が心の中に滴り落ち、けだるい苦悩が後に続く。例えば、愛する相手が目の前にいない時でさえ、その面影は眼前にあり、相手の名前が耳元で甘美に響くことがあるが、そのような面影は断じて退けるべきであるし、欲望に火をつけるようなものは何であれ、遠ざけなければならない。心を他に転じ、体内に集まった液体はどのような肉体にでも放出するがよい。いったん一人の相手に惚れ込んだ場合でも、懊悩や頑固な苦しみを胸の内にとどめたりしてはならない。初めの傷を新しい刺激によってかき乱し、その傷がまだ新しいうちに、移り気な愛にわざと翻弄されながら、その治療に当たったり、心を他に転ずることができなければ、恋の傷はやがて大きく成長し、心中に温存することで慢性化する。日毎に狂気がつのり、苦悩もついには深刻なものとなる。

ウェルギリウスの場合、たしかに家畜の世話と関連づけて「愛は遠ざけよ」と述べていますが、初めに触れたヘーローとレアンドロスの例でもおわかりいただけるように、そうすることがむしろ不可能な現実を強調しているように思われます。この点がルクレーティウスとの相違点です。

物の本質について (岩波文庫 青 605-1)
ルクレーティウス 樋口 勝彦
4003360516

関連記事: