ウェルギリウスの『農耕詩』第2巻エピローグでは、幸福な農夫の生活が描かれる中、

「事物の根元を知り、すべての恐怖と、祈りを拒絶する運命と、アケロン(冥界)の絶えることのない喧噪とを、足下に踏み敷くことのできた人は幸いである。」

とエピクルス派の詩人ルクレティウスの幸福観が言及されています。

なぜ詩人はこのような場所で、このようなことを述べる必要があるのでしょうか。この問題については、論文『農耕詩の独創性』の中で扱いました。

458
ああ、自分たちの境遇をよく知るなら、農夫らはあまりに幸福だ。剣による争いから遠く離れた彼らに、大地は生活の糧を極めて公正に与えてくれる。たとえ朝方に、堂々たる門構えの高層の館が、すべての広間からおびただしい訪問客の波を吐き出すことがなく、また美しい鼈甲(べっこう)をはめこんだ側柱や、金襴の衣、コリントゥスの青銅器に見とれることもなく、白い毛織物をアッシリアの染料で染め上げたり、透明なオリーヴ油に肉桂を混ぜて使うことがなくても、

農夫らには、穏やかな休息と、欺瞞を知らぬ様々な宝に満ちた生活、広い田園の中での閑暇がある。洞窟、自然のままの湖、涼しい谷間、牛の鳴き声、木陰の快いまどろみ等、何一つかける物はなく、林間の空地や獣の隠れ場もある。若者たちは、労働に耐え、質素な暮らしに慣れ、神を敬い、年長の人々を尊敬する。正義の女神が地上から去ったとき、その最後の足跡は彼らの上に印されたのだ。

475
だが、私が何よりも願うことは、美しき詩の女神たちが、大いなる愛 にうたれ、神聖な印を捧げ持つこの私を受け入れてくださること である。天の道を辿りゆく星や、太陽と月の様々な食について語り、さらに、 地震はどこから発生するか、深い海はいかなる力で盛り上がり、堤に 砕けた後、また自ずから元のところへ退いていくのか、冬の太陽はなぜあの様に大急ぎで海に浸ろうとするのか、 夏の夜の訪れを遅らせるものは何かを示してくださることである。

だが、たとえこの心臓をめぐる冷たい血のため、そのような自然の 分野に近づくことができなくても、田園と、谷間を流れる川が わが喜びとなり、たとえ名声は得られずとも、川と森を愛しつつ 生きてゆければそれでいい。ああ、スペルケオス川がうるおす野原と、スパルタの乙女らが飲み 浮かれるというタイゲタの山脈はどこにあるのか。ああ、ハエムス の涼しい山間の、枝々の大きな影の下に、私を立たせてくれる者は誰なのか。

事物の根元を知り、すべての恐怖と、祈りを拒絶する運命と、 アケロン(冥界)の絶えることのない喧噪とを、足の下に踏み敷く ことのできた人は幸いである。だが、田園の神々、パンや老いた シルウァヌス、ニンフの姉妹を知る者もまた幸いである。

495
人民から与えられる権力も帝王の紫衣も、兄弟同士を戦わせる内乱 も、イステル川と共謀して急襲してくるダキア人も、ローマの権勢 も、滅びゆく王国も、農夫を動かすことはできなかった。彼は貧しい人々を憐れむという苦しみを知らず、富者を羨むこともなく、 枝々になる果実や、畑から自ずと生まれる作物をつみとり、厳酷な 法律や、狂騒の中央広場や、公共文書館を見ることもなかった。

他の人々は、未知の海を櫂でかき乱し、武力に訴え、宮廷や、諸侯 の館に入り込む。また一方では、都市を滅ぼし、その家々を不幸に 陥れる者がいるが、それも自分が玉杯で酒をのみ、テュロスの緋色の シーツで眠るためである。

ある者は財宝を隠し、埋めた黄金の上に横たわって眠る。ある者は 演壇の前に呆然と立ち尽くし、またある者はあんぐりと口を開け、 貴族と平民がこぞっておくる、全客席に鳴りわたる拍手に 陶然とする。自分の兄弟の血にわが身を浸して喜び、愛する家庭を 捨てて亡命し、異国の太陽の下に新しい祖国を求める者さえいる。

513
だが農夫は、曲がった鋤で大地を耕す。これが一年の労働であり、 これによって祖国と幼い孫たちを支え、牝牛の群と忠実な牡牛を、 養い育ててゆけるのだ。一年の収穫として、果物や家畜の子、穀物の束で満ち溢れ、 その実りが畝に重くのしかかり、納屋をつぶすほどになるまでは、 つかの間の休息もありえない。冬が来ると、オリーヴの実は圧搾機でつき砕かれ、豚は木の実を 飽食して小屋に帰り、森にはキイチゴの実がなる。秋は様々な果実を地に落とし、高く、日当たりのよい岩地の家で は、ブドウがほど良く熟している。

農夫のかわいい子供たちは、彼の首にまつわって口づけを求め、 汚れなき彼の家は、貞潔のしきたりを守る。牝牛は重く乳房をたれ、 青々とした草の上では肥えた子羊が、角と角とを付き合わせて 争っている。農夫自身は祭りを行う。草の上に足を延ばし、真ん中に火をおき、 仲間たちが酒杯に花づなを飾ると、彼は神酒を捧げながら、酒ぶね の神よ、あなたに呼びかける。それから、楡の木に的を掲げ、投げ槍競技をやろうとたくましい 肉体をあらわにする。

532
かつて古のサビーニー人は、このような生活を送っていた。これが レムスとその兄弟(ロムルス)の生活だった。こうして、エトルリアは強大になり、ローマは七つの城塞を城壁で 一つにつなぎ、世界の驚異になったのだ。いや、ディクテの王(ユピテル)がまだ権力を握らず、神を恐れぬ 人間が、牡牛を殺して食べる以前には、黄金のサトゥルヌスが地上 に住み、このような生活を営んでいた。いや、人々はまだ戦闘ラッパが鳴り響くのも、固いかなとこに据え られた剣が打たれる音さえ聞いたことがなかったのだ。だが、我々は既に遠い遠い道程を走ってきた。今や湯気を立ててい る馬の首をゆるめてやるときだ。

牧歌/農耕詩 (西洋古典叢書)
ウェルギリウス 小川 正広
4876981515

関連記事: