ラテン語のアクセントのルール

2音節以上からなる単語の場合、単語の後ろから数えて2つめ、ないし3つめの音節にアクセントをつける。

1音節の単語の場合
たとえば、pēs(ペース:足)や ōs(オース:口)は、その音節にアクセントがあります。ここでいう音節の数とは、単語に含まれている母音 (a,i,u,e,o,y)、二重母音(複母音) (ae,au,ei,eu,oe,ui) の数のことです。

2音節の単語の場合
語の最後から数えて2つ目の音節にアクセントは置かれます。Caesar のように2音節の語の場合、ae の部分にアクセントがあります (ae は、後ろから数えて2つめの音節)。Cae-sar は、ae(複母音)と a(母音)の2つを数えますので、 2音節の単語ということになります。vīta (ウィータ:人生)も 2音節の語ですから、同様に、īの箇所(イー)にアクセントがあります。

3音節の単語の場合
たとえば、moneō(モネオー:忠告する)はどうなるでしょう?可能性は、「 <モ>ネオー」か「モ<ネ>オー」です。(<>にアクセント。)ラテン語では、後ろから数えて2番目の音節(mo-ne-ō だと e の音節)に含まれる母音の長短で判断します。

この「後ろから数えて2番目の音節」のことを文法用語でパエヌルティマ(paenultima)と呼びます。

それが「長い」音節であれば、この2番目の部分にアクセントがつきます。「長い」と判断するケースに2種類あります(後述)。それが「短い」音節であれば、語の後ろから数えて3番目の音節にアクセントがつきます。moneō の e は「短い」ので(エーとのばさない)、後ろから3つめの音節(すなわち mo の o )にアクセントがつきます。したがって、「 <モ>ネオー」となります。(<>にアクセント。)

では、「ローマ人」を意味する Rōmānī はどうでしょうか?この言葉をカタカナで表記すると、「ローマーニー」となります。ō, ā, ī の3つの母音がすべて「長い」です。Rō-mā-nī の後ろから数えて2番目の音節は「長い」ことがわかります(つまり「マー」は「長い」)。このとき、この2番目の音節が「長い」ため、ここにアクセントがつきます。すなわち「ロー<マー>ニー」となります。

では、Cicerō (キケロー)はどうなるでしょうか?Ci-ce-rō は3音節ですが、後ろから数えて2番目の ce の e が「短い」ため、後ろから数えて3番目の Ci の音節にアクセントが置かれます。よって「<キ>ケロー」となります。

ローマの歴史家 Līvius (リーウィウス)はどうなるでしょうか?Lī-vi-us は3音節ですが、後ろから数えて2番目の vi の i が「短い」ため、Li にアクセントがつきます。よって「<リー>ウィウス」となります。

3音節以上の単語の場合

ルールは3音節の単語と同じです。たとえば詩人の Horātius(ホラーティウス)や Lucrētius(ルクレーティウス)といった単語はどうなるでしょうか?

Ho-rā-ti-us は4音節ですが、後ろから数えて2番目の音節 ti に含まれる母音 i は「短い」と判断されます。従って、後ろから数えて3番目の音節、すなわち ra にアクセントがつきます。よって、「ホ<ラー>ティウス」と読みます。

Luc-rē-ti-us (ルクレーティウス)も4音節の語ですが、後ろから数えて2番目の音節 ti に含まれる母音 i が「短い」ため、「ルク<レー>ティウス」となります。

詩人 Ovidius (オウィディウス)のアクセントはどうなるでしょうか?O-vi-di-us の場合、後ろから数えて2番目の音節 di の i は「短い」ため、vi にアクセントがつきます。よって、「オ<ウィ>ディウス」となります。

恋愛詩人 Propertius (プロペルティウス)のアクセントはどうなるでしょうか?Pro-per-ti-us は4音節ですが、後ろから数えて2番目の音節 ti の i が「短い」ため、per にアクセントがつきます。よって、「プロ<ペル>ティウス」となります。

ローマの喜劇作家 Terentius (テレンティウス)も同様に「テ<レ>ンティウス」と発音します。

ローマの詩人 Vergilius (ウェルギリウス)の発音はどうでしょうか?Ver-gi-li-us は4音節ですが、後ろから数えて2番目の li の i が「短い」ため gi にアクセントがつきます。よって、「ウェル<ギ>リウス」となります。

音節の区切り方で少し判断が必要な場合

dīvitiae (富、財産)の発音とアクセントはどうなるでしょうか?発音をカナ表記すると「ディーウィティアエ」となります。音節の区切り方として -ae が二重母音であることに注意します。つまり、dī-vi-ti-ae の4音節であるとわかります。後ろから数えて2番目の音節 ti の母音は「短い」ため、アクセントは vi につきます。よって「ディー<ウィ>ティアエ」となります。

次に、famlia (家族)のアクセントはどうなるでしょうか?fa-mi-li-a と音節を切ることができます。つまり語の最後の部分を -lia としません。ia は複母音(二重母音)ではないためです。よって後ろから数えて2番目の音節 li の i が「短い」ため、mi にアクセントがつきます。「ファ<ミ>リア」となります。

母音を「長い」と判断するケース

母音を「長い」と判断するケースは次の2つがあります。

「本質的に長い」ケース。

長母音(=教科書や辞書において、母音の上に横棒がついているケース)または複母音(二重母音)=ae,au,ei,eu,oe,ui を含む音節を「本質的に長い」とみなします。

「位置によって長い」ケース

短母音の次に二個以上の子音が続く場合、その短母音は(「本質的には短い」けれども)「位置によって長い」と判断されます。「少女」を意味するラテン語 puella(プエッラ)を例にとって見てみましょう。この単語の後ろから数えて2番目の音節はeです。

この e は本質的に長い母音ではありません。つまり「エー」と発音するわけではない、ということです。教科書や辞書で、e の上に横棒はついていません。ちなみに、教科書や辞書以外のラテン語テキストでは、この「長母音」の印(マクロン)をつけずに表記するのが一般的です。e の上に横棒(長母音の記号)はついていませんが、このeは 「位置によって長い」とみなします。e の次に子音l(エル)が連続しているためです。puella は、後ろから数えて2番目の音節が「位置によって長い」わけですから、この音節にアクセントがつくと考えられます。よって、「プ<エッ>ラ」と発音します。

次に、ローマの詩人 Catullus (カトゥッルス)の発音はどうなるでしょうか?後ろから数えて2番目の tu の母音は次に二つの子音(l が二つ)が続くため、「位置によって長い」となります。よって、tu にアクセントがつきます。よって、「カ<トゥッ>ルス」となります。

注意すること

子音同士の結びつきの強い<黙音 p, b, t, d, c,g+流音l,r>は切り離されず一子音と数え、そのまま後続する母音につきます。

tenebrae(暗黒)は te-ne-braeとなります。brは1子音と数えます(子音の連続とはみなしません)。後ろから数えて2つ目の音節は「短い」ため、アクセントはte-にあります。よって、「<テ>ネブラエ」です。

音節の分け方

1. 音節を分けるとは母音と母音(または二重母音)を分けるということです。dea (女神)は de-a とし、deae (女神たち)はde-ae とします。この時de-a-e としません。なぜでしょう?ae は二重母音なので一つの長母音として扱うからです。
2. 母音と母音の間に一つの子音がある時、その子音は後ろの母音とともに音節を作ります。rosa(ロサ)(バラ)はro-sa と分けます(o とa にはさまれた sに注意)。amīcus(友)はa-mī-cusとします(aとī にはさまれたm、īとu にはさまれたc に注意)。
3. 子音が二つ以上続く時、最後の一子音が後続する母音につき、残りは前の母音につきます。例えばmittō(送る)は mit-tō、 sanctus(聖なる)はsanc-tusとなります。
4. ただし子音同士の結びつきの強い<黙音 p, b, t, d, c,g+流音l,r>は切り離されず一子音と数え、そのまま後続する母音につきます。tenebrae(暗黒)は te-ne-braeとなります。br の位置に注意して下さい。

後倚辞(こういじ)

ラテン語には英語にはない後倚辞(こういじ)と呼ばれる単語があります。英語の文法用語で ecliticといいます。
ウェルギリウスの『アエネーイス』冒頭をみてください。
Arma virumque canō.(私は戦争と一人の英雄を歌う)
この-queは「そして」を意味する後倚辞(こういじ)です。英語でA and B とあらわすところ、ラテン語もetを使って A et Bと表現できますが、A Bqueとあらわすこともできます。
さて、この後倚辞(こういじ)を含む単語の場合、その後倚辞(こういじ)の直前の音節にアクセントがつきます。上の例ではvirumのうち-i-でなく-u-にアクセントがつきます。
後倚辞(こういじ)にはその他、-ne(~か)や -ve(あるいは)があります。

関連記事: