「クラース・アメト・クゥィー・ヌンクゥァム・アマーウィト・クゥィークゥェ・アマーウィト・クラース・アメト」と読みます。
cras は「明日」を意味する副詞です。
amet は「愛する」を意味する第1変化動詞 amo,-are の接続法・能動態・現在、1人称単数で、「愛するのがよい」という意味になります。
qui は関係代名詞、男性(または女性)・単数・主格です。先行詞 is(またはille)は省略されています。
qui は、numquam amavit とあわせて「けっして愛したことのない者は」という意味になります。
numquam は英語の never と同じ意味です。「けっして~ない」。
amavit は、第1変化動詞amo,-are(愛する)の直説法・能動態・完了、3人称単数です。
quique のquiは関係代名詞、男性(または女性)・単数・主格。-que は「そして」の意味を持ちます。
「愛したことのない者は明日愛するがよい。そして愛したことのある者は明日愛するがよい。」という意味になります。
愛と美の女神ウェヌス(Venus)を称えた詠み人知らずの詩句です。
『ウェヌスの宵宮』と呼ばれる作品の1行目の表現です。

関連記事: