「ケーダント・アルマ・トガエ」と読みます。
cedant は「退く」を意味する第三変化動詞 cedo の接続法・現在・三人称複数です。
接続法の「命令・義務」のニュアンスをくみ取って、cedant は「退くがよい」と訳せます。
arma は「武器」を意味する第二変化・中性名詞・複数・主格です。
togae は平時の衣装 toga (トガ)の単数・与格です。
「武器は(arma)トガに(togae)譲るべし(cedant)。」という意味になります。
キケローの『義務について』(De Officiis)に見られる言葉です(Cic.Off.1.77)。

関連図書:

キケロー選集〈9〉哲学II―大カトー・老年について ラエリウス友情について 義務について
キケロー 中務 哲郎
4000922599

関連記事: