「クィア・ホミネース・アンプリウス・オクリース・クァム・アウリブス・クレードゥント」と読みます。
quia は接続詞で理由を表します。「というのは・・・だから」と訳せます。
homines は「人間」を意味する第3変化名詞 homo,hominis c. の複数主格です。
amplius は「より多く、より長く、よりはなはだしく」といった意味をもつ副詞です。
oculis は「目」を意味する第2変化名詞 oculus,-i m. の複数・与格です。
quam は「・・・よりも」と訳せます。
auribus は「耳」を意味する第3変化名詞 auris,-is f. の複数・与格です。
credunt は「信じる」を意味する第3変化動詞 credo の直接法・能動相・現在、3人称複数です。
「というのは、人間は耳よりも目の方をより多く信じるのだから」と訳せます。
セネカの言葉です(『倫理書簡集』6)。

関連記事: