「ヌンクァム・インペラートル・イタ・パーキー・クレーディト・ウト・ノーン・セー・プラエパレト・ベッロー」と読みます。
numquam は「けっして・・・ない」を意味する副詞です。
imperator は「将軍」を意味する第三変化名詞、単数主格です。
ita は「そのように」を意味する副詞で ut 以下を指します。
paci は「平和」を意味する第三変化名詞 pax の単数与格です。
credit は「信じる」を意味する第三変化動詞 credo の直接法・能動相・現在、三人称単数です。与格をとります。
se は再帰代名詞、単数対格です。
praeparet は「準備する」を意味する第一変化動詞 praeparo の接続法・能動相・現在、三人称・単数です。
bello は「戦争」を意味する第二変化名詞 bellum の単数・与格です。
「将軍は戦争に対して準備しないほど平和を信用することはけっしてない」と訳せます。
セネカの『幸福な人生について』(De Vita Beata)に見られる言葉です(26.2)。

人生の短さについて 他二篇 (ワイド版 岩波文庫)
ルキウス・アンナエウス セネカ 茂手木 元蔵
4000070460

関連記事: