「アクタ・エスト・ファーブラ」と読みます。
acta はago,-ere(行う)の完了分詞、女性・単数・主格です。
est は不規則動詞sum(である)の直説法・現在、3人称単数です。完了分詞 acta とともに直説法・受動態・完了、3人称単数を表します。この文の場合「現在完了」の意味を表します。
fabulaは第1変化名詞 fabula,-ae f.(芝居)の単数・主格です。
「芝居が行われた」というのが直訳ですが、「ひとつの芝居が演じられてもう終わった」という意味です。「芝居は終わりだ。」とも訳せます。
アウグストゥスの臨終のせりふとして伝えられます。

関連記事: