ラテン語を学ぶヒントを書いています。独学の一助になれば幸いです。

ラテン語の基本

英語の初歩の例文ですと I am a student. などがありますが、大人がこれを復唱するのは気恥ずかしいです。でも、ラテン語なら Homo sum. (= I am a man.) というのがあって、座右の銘として通用します。声に出す甲斐もあります。

ラテン語の読み方

ラテン語の名詞・形容詞

ラテン語の代名詞

ラテン語の動詞

分詞、動名詞、動形容詞

その他

ラテン語学習のヒント

ラテン語講習会のお知らせ!

  • ラテン語講習会のご案内です。ラテン語学習のペースメーカーとしてご利用下さい。ただいまお申込みを受付中です:
  • 今後の講習会の予定
  • ラテン語講習会で扱う範囲表
  • ラテン語講習会の感想
  • 教科書もそうですが、例文や練習問題の和訳は文法がわかれば納得できるものではありません。いやしくも古典作品から一文だけ抜き出すのなら、その前後を詳しく説明しないと意味不明となるケースがほとんどです。しかし、教科書にそのような情報を載せる余裕はないし、学習者もそこまで期待しないのが普通です。その点講習会のように対面できる場があれば、私は受講生の関心の寄せどころを探りながら、適宜脱線の形で言葉の背景の説明ができるわけです。「この文結局どういうことですか?」、「訳せてもイマイチ意味がよくわかりません」と言われると、私の心の中にスイッチが入ります(笑)。

ラテン語名言・名句集

  • アルファベット順に並んでいます(vから逆順)。>>ラテン語の格言
  • リンク先にラテン語の名言・名句が並んでいます。それぞれに日本語訳と詳しい文法の説明がついています。これを通読するだけでラテン語の文法知識がずいぶん身につくと思います。できれば見出しのラテン語だけを見てどのような意味になるかを考えてから説明をお読みください。
  • それぞれの格言がラテン語講習会で扱う範囲のどこに該当するかを示しています。
  • 学生の選んだラテン語名言

ラテン語を学ぶには?

キケローやオウィディウス、聖書の読書会が現在進行中です。ラテン語メーリングリストでは、『独習者のための楽しく学ぶラテン語』を教科書として用いた勉強会があります(私がコメントしています)。

辞書は必要か?

  • 教科書を使って学習する段階では辞書はなくても間に合います。教科書を読む上で必要な語彙は、巻末にまとめて、あるいはその都度示されるのが普通です。
  • 一般的な教科書レベルの語彙であれば、姉妹サイトで公開中の「ラテン語辞書」をご利用ください。
  • ラテン語で検索することも、日本語で検索することも可能です。つまり、羅和辞典としても、和羅辞典としても使えます。

辞書は何がよいか?

楽しく独習するには?

マイペースでラテン語に親しみたい人にお勧めなのが、ラテン語の名言名句の本です。気に入った言葉が見つかれば、手帳に書き写してみるなど、自分なりに工夫して楽しんで下さい。日本語で書かれたラテン語名言集のラインナップは次の通りです(出版年順)。

※kindle版が出ました。検索できるので便利です。

『ローマ人の名言88』のご紹介

通って学べるところ

  • 「ラテン語を通って学べるところは?」と聞かれたら、私の主宰する私塾「山の学校」の古典語クラスを真っ先に紹介したいと思います。これは現代の寺子屋のようなもので、小学生から大人までが熱心かつ楽しく様々な分野の勉強を学んでいます。
  • 日本西洋古典学会HPに「ギリシア語・ラテン語を学べる私塾」のコーナーがあり、これも参考になるでしょう。京阪神編と関東編があります。

その他

  • 東京、名古屋、京都(山の学校)でラテン語講習会を月に一度ずつ開いています。講読クラスもあります。
  • まったくの初心者の方を対象とした「ラテン語入門初歩の初歩」も不定期に開いています。これは1回きりの講習会です。