今日はつきぐみの部屋で年中児がリズムバンドの舞台練習をしました。

部屋に入ると年少さんがじゅうたんに座っているので?と思ったのですが、年少児は「お客さん」として招かれていたのでした。

本番通り幕が開き、本番通り通して歌とリズムバンドを披露してくれました。

私が感じたのは、みなまじめに取り組んでいるということで、このことが発表会の取り組みでは最も大切です。

また、お客さんの存在も大きく、年少児は30分のあいだみな集中して舞台の演技を目に焼き付けました。

この年少児の姿勢あればこそ、舞台の年中児もそれを力に変えて取り組めたとも言えますし、逆に、年中児のまじめな姿勢が年少児の集中を守ったともいえます。

会場をあとにするとき、さわやかな気持ちになりました。

関連記事:

Share