今日は俳句の後、年長組と年少組の舞台練習を見ました。

俳句は今扱っている芭蕉の俳句の最終回でした。

梅咲いて 喜ぶ鳥の 景色かな 芭蕉

年長の舞台練習はA、Bの順番で行いました。

途中でふざけ始める子がいて、なおかつ、周りがそれにつられてしまったので、全部の演技が終わってから全員を集めてお話をしました。

緊張するのはわかる、しかし、ふざけたり、笑ってごまかすことに逃げては絶対にいけない、という内容でした。

思い当たる子は涙を浮かべて話を聞きましたので、私はこの時期にこの話ができてよかったと思っています。

年少児は1学期に比べ、体も大きくなり、また、お遊戯の曲も長くなったとつくづく感じました。

みな物怖じせずに取り組めていたので、それが何よりだと思いました。

関連記事:

Share