新入園児保護者会にて──園長日記より

さる3月20日(月)、新入園児保護者を対象とした保護者会を開催しました。

4月10日から歩いての送り迎えがスタートします。お子さまには、

1)道路プラス石段を歩くこと
2)一人で幼稚園に通うこと
3)友だち(年上のお兄さん、お姉さん)と手をつなぐこと

など、クラスでの保育に慣れる以前に、これだけのポイントをクリアしなければなりません。ちょっと大丈夫かな?と思われるかも知れません。初日から全員がクリアされることはありませんが、だいたい連休までの半月でみなさん、園生活に慣れます。

子どもにとって幼稚園生活のスタートは、たいへん大きな生活の変化だと思いますが、子どもたちの順応性の高さには毎年驚かされます。

2年、ないし3年間の幼稚園生活の最初のスタートが大切です。入園当初、すこし、ドキドキされているとお感じになったら、抱きしめてヨシヨシと包んであげるくらいでちょうどです。(それは甘やかすことではありません。)

さて、幼稚園生活をスタートするに当たり、少し意識しておいていただくとよいヒントが二つほどあります。

1)お子さまとできるだけ手をつないで散歩を楽しんでください。
2)お子さまとできるだけ絵本を読んで楽しむ時間を過ごしてください。

「散歩」と「絵本」については、この春休みだけでなく、幼稚園生活(プラス小学校生活まで)のあいだ、ずっと大事にしていただきたい習慣です。

散歩の時、手をつなぐのがポイントです。また、絵本はその時間を保護者が楽しいと感じることが何よりのポイントです。

(山下太郎 2006.3.22)

関連記事: